より「在る」を身近に。そして、「在る」を育んでいきたいと思います^^

ここでは、「より「在る」を身近に。そして、「在る」を育んでいきたいと思います^^」 に関する記事を紹介しています。
こちらは、無空庵第一ブログに載せていたRさんの体験談(2013年1月7日掲載)を移設したものです。

(無空庵第一ブログにあるこれまで皆さんから頂いたセッションの感想のうち、新しい方のものをひとつかふたつ、こちらのブログに移設させて頂いております。)

それ以前のものは、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ・■セッション体験談・他のRさんの体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

************


今回は、セッションを受けられているRさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Rさん

感想ありがとうございました。

> 無空さんへ
>
>
>
> こんにちは、Rです。
>
>
>
>
>
> 46回目のセッション感想です。
>
>
>
>
>
> 【おしゃべり】
>
>
>
> 毎日、手帳を書くこと(記録していくこと)で
>
> 自分の行動のクセや、バイオリズムに気づけるようになって来ました。
>
>
>
> あと、出来るだけ瞑想をするようになってから
>
> 今の自分の思考の状態や、疲れているかとか
>
> 身体が固くなっていないか、などを
>
> 把握して、対処出来るようになって来ました^^
>
>
>
> 微細な違いに気づけるようになると、
>
> 対処も早くなっていくんだなと感じました。

気づくということはとても大事ですね。

>
>
>
>
>
> 【最初の共鳴】
>
>
>
> いつもより強く響いてくる共鳴でした。
>
>
>
>
>
> 【アイコンタクト】
>
>
>
> 自分も空間も、ひとつであることを感じていました。
>
> どこまでも「それ」です。

いいですね。
>
>
>
>
>
> 【瞑想】
>
>
>
> ふだん瞑想をしているときのことを思い出しました。
>
>
>
> 最初は頭の中の思考や雑念、雑音が
>
> とても大きく聞こえるのですが、
>
>
>
> ある一瞬からガラッと替わり
>
> 真我がほとんどウェイトを占めて、思考が小さい声になるのです。

焦点のシフト、あるいは、立ち位置のシフトという感じかもしれませんね。
>
>
>
>
>
> また、日々の生活を観察していたら、
>
>
>
> 思考や雑音が多いときは、
>
> 頭の中がゴミだらけになっているかのようで、
>
> 溜まってくると脳が誤動作
>
> (突飛な行動をしてしまったり、
>
> 気持ちに余裕がなくなって人に当たったり)する可能性が高くなるみたいです。
>
>
>
> 一度脳をゆっくりと休ませ、瞑想をすると
>
> 「在る」のウェイトが高くなり、
>
> シンプルに考えられるようになるし、
>
> 物事がスムーズに進んでいくなと感じました。

よく観察されてますね。
>
>
>
> より「在る」を身近に。
>
> そして、「在る」を育んでいきたいと思います^^

はい、「在る」はもっとも身近な存在です。

何と言ってもそれは、真の自分自身ですから。

>
>
>
>
>
> 【ハートの共鳴】
>
>
>
> とてもやわらかく、優しく、繊細でした。
>
>
>
>
>
> 【立場を変えて】
>
>
>
> 意識が広がっていく感じでした。
>
>
>
>
>
> 今回の感想は以上です。
>
>
>
>
>
> 12月21日の冬至に、
>
> アセンションの話が話題になっていましたが、
>
>
>
> 21日から3日間くらい、
>
> とても静かな静寂と、祝福を感じていました。
>
>
>
> 背景にある静寂が、どんどん当たり前になっていくのかな~と感じました。
>
>
>
> 素晴らしい時代になりましたね(^0^)

はい、ひとつの視点からは、ずっと素晴らしい時代とも言えますが、

現われのレベルでもより素晴らしい時代になり、素晴らしい瞬間が続いていきますね。

>
>
>
>
>
> 今年も残りわずかですが、
>
> 清々しい気持ちで新年を迎えられるように
>
> いろいろと整理したり、お掃除したいと思います。
>
>
>
> 今年も、たくさんお世話になりありがとうございました。
>
> 来年もまた、よろしくお願いいたします^^

> R

こちらこそよろしくお願い致します。

ありがとうございました。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する