更新を経て、現れもまた全体であるということが腑に落ちたようです。

ここでは、「更新を経て、現れもまた全体であるということが腑に落ちたようです。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているラバンジンさんから頂いた感想と、
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

ラバンジンさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> 今回も真のセッションをありがとうございました。
>
>
> 共鳴
>
> 透明でシンプルな感じでした。
>
>
> アイコンタクト
>
> 何もなく、ただ在るという感じでした。
>
>
> 瞑想
>
> 原初の状態という感じでした。
>
>
> ハートの共鳴
>
> シンプルな感じでした。
>
>
> 立場をかえて
>
> ただ在るという感じでした。
>
>
> 立場なし
>
> ただ在るという感じでした。

全体に、存在感、存在力、存在そのものとしての静けさ、落ち着き等が増していて、

とてもよい感じでしたね。
>
>
>
> 更新を経て、現れもまた全体であるということが腑に落ちたようです。

それが、前述した、存在感、存在力、存在そのものとしての静けさ、落ち着き等が増した感じ

として現れていたんですね。
>
> とても全体的で、いますでにそうであるということが、じんわりと沁みていくようです。

とてもよい感じですね。
>
> なんともうれしく、そしてまたありがたいことです。

地道な実践と継続の力は、とても大きな恩恵をもたらします。
>
>
>
> 次回のセッションもよろしくお願いいたします。
>
>
>
> ラバンジン

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する