絶対的な幸せが、いつも在ります。

ここでは、「絶対的な幸せが、いつも在ります。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第317回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「厚みが増した感じ」、「起こりを楽しんでいる、起こる意味を楽しんでいる」、「純粋そのもの」を感じました。
> もう一つ言葉が起こったように思いますが、忘れました。
>
> アイコンタクトでは、「やわらかく、透明で、美しく、深い」、「正しさそのもの、真に正しいと言えるもの、唯一の正しさ」を感じました。
>
> 瞑想では、「変わらない中で、更新し続けている」、「ダイナミックさ」を感じました。
>
> ハートの共鳴では、「含んでいるそのもの」、「すべてがすべてを含んでいる」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「絶対的な幸せそのもの」を感じました。
>
> 立場なしの共鳴では、「何ものにもとらわれない」、「すべてを超えている」を感じました。

今回は、スカイプがつながった瞬間から感じましたが、存在の光がさらに増していて、

明るさの何段階かの更新、

そして、均質さが増している感じがするとのことでしたが、

存在のきめ細やかさがさらに更新されていて

(ひとつであり、無限そのものである存在のさらなる微細化、精妙化、更新)、

また、そのさらなる微細化、精妙化した存在、形なき存在を形作っている

(ただ存在させている、確かに存在させている、ひとつであるものとして存在させている)

存在の構成要素(それぞれがひとつであり、全体であり、無限であり、均質。在る、愛、知。)の在り方、

そして、それらすべてがトータルでひとつであるものとしてのそれ、存在、在るの在り方が

霊妙で(人知でははかり知れないほどに奥深くすぐれていて、神秘的な尊さ、素晴らしさを備えていて)、

本当に素晴らしかったですね。

>
>
>
> 日常では、
>
> 在るものとして、在ることの幸せを感じています。
>
> 絶対的な幸せが、いつも在ります。
>
> 普通の中に、いつも在ります。
>
> 奇跡の中に、いつも在ります。
>
> ただ、知っています。

在るの言葉、在るの在り方ですね。

本当に素晴らしいですね。
>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> 今年もよろしくお願い致します。
>
> K.M

こちらこそよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する