点と空間。止。

ここでは、「点と空間。止。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.Aさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

K.Aさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> いつもお世話になっております。今回もありがとうございました。
> 第36回の感想を送らせていただきます。
>
> 最初の共鳴
> 静かな海。凪。
> アイコンタクト
> 大河、ゆったりした流れ。なんとなく抑えていたあちこちの不安が浮上してきた感じになりました。
> 瞑想
> 暗闇、その中で自由に動く。枠から出る。その後夢を見ている感じになり、蝶と死のイメージが出てきました。
> ハートの共鳴
> 動きが止まる。
> 立場を変えて
> 変化を見る
> 立場なし
> 点と空間。止。

今回も全体的にとてもよく感じ取られていましたね。
>
> 大きな流れとしては悪くない、むしろ結構いい感じがしていましたが、細かい部分とか日常生活の地道な部分が疎かになっていて行き届いていないというか、丁寧にできていない感じの気持ち悪さがありました。ギリギリな生活の時は気にしていられなかった部分に目が向くようになってきたということかもしれません。
> 隙間時間に1つでも行動できるように心がけてみます。

はい、何かひとつでも意識して行ってみられるとよいと思います。
全体的にも影響があるでしょう。
>
> 在るは言葉に詰まった時、時間がポッとできた時などに割とよく思い出していました。いつもそこに在る感覚を持っていられるようにと思います。

意識を向けたらいつでも感じられる、思い出せる、という感じになるといいですね。
>
> それではまたよろしくお願いいたします。
>
> K.A

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する