何も望まなくてもよいことを感じると、安心感に包まれ、よろこびが広がりました。

ここでは、「何も望まなくてもよいことを感じると、安心感に包まれ、よろこびが広がりました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているMonaさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Monaさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> 先週も素晴らしいセッション、ありがとうございました。
> 今週はとても忙しく、あっという間に日々が過ぎています。
> ですが、地に足をつけて1日1日を過ごしています。

よい感じですね。

> では、感想をお伝えします。
>
> 最初の共鳴
> 普通は落ち着きであり、ベースとなるものだと感じました。
> 何も望まなくてもよいことを感じると、安心感に包まれ、よろこびが広がりました。

普通の理解が起こり、また、深まっていくと、そのようになっていきますね。
>
> アイコンタクト
> じんわりとしみじみとしたものが内側で育てられていることを感じ、それがいかに大切なものであるかということを実感しました。
> この大切なものに支えられていることを感じると、自分の傲慢さに気付き、反省しました。

気づくことで、変容が促されますね。
>
> 瞑想
> 「何も持たなくてよい」「何も望まなくてもよい」そのような思いが起こり、これが自分が本当に望んでいることだと気づきました。
> その後、軽やかさと解放感を感じました。

本質(在る、真の自己)は、そのように在ります。
>
> ハートの共鳴
> ハートの軽やかさを感じながら、「これでよい」という感覚が起こりました。

その感覚、そして、理解はとても大事です。
>
> 立場をかえて
> ただ存在であること、それだけであることを感じました。
>
> 立場なし
> 存在の偉大さを感じました。

在る(存在)の理解がさらに深まりますね。
>
> 次回もどうぞよろしくお願いいたします。
>
> Mona

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する