頭の上から喉、胸の中心になにかが下りてきて気持ちよい状態

ここでは、「頭の上から喉、胸の中心になにかが下りてきて気持ちよい状態」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられたS.Kさんから頂いたメールと無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

S.Kさま

感想ありがとうございました。

> 先日はありがとうございました。セッション中特に何も
> 感じませんでした。

感じる力も徐々に養われていきますので、大丈夫です。

> 朝の瞑想時間に普段からTMで言ってるソーマでしょうか?
> 頭の上から喉、胸の中心になにかが下りてきて気持ちよい
> 状態にはなりますが、そのほかは特に何もないです

よい感じで瞑想ができているのではないでしょうか。
特別な感覚や体験などは特に期待せず、淡々と実践していきましょう。
在る(真我)は、そのように在ります。
在ると同じように在りましょう。
>
> 実践方法は胸のセンターに向けて私は誰か?と問いかける
> そういうやりかでよいでしょうか?

無空庵での基本は、気づいている意識(在る・真我)に注意を
向けること、あるいは、それそのものであることを
気づいたら繰り返していくことです。

どうしても気づいている意識が分からない場合は、
まずは、起こっている思考、感情に気づくことから
はじめていきましょう。

ただ、もし私は誰か?という問いかけをすることで、
在る(真我・真の自己)に意識が向きやすかったり、
現段階で、その実践が一番自然で無理がなく、
実感もあるということでしたら、
「私は誰か?」で、実践を続けてみてください。

それでは、本日よろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する