至福だけがありました。

ここでは、「至福だけがありました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているラバンジンさんから頂いた感想と、
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

ラバンジンさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> 今回も真のセッションをありがとうございました。
>
>
> 共鳴
>
> やわらかく、満ち満ちていることを感じました。
>
>
> アイコンタクト
>
> とても貴く稀有な感じと、自然でそうであることが当たり前だという感じが同居していました。
>
>
> 瞑想
>
> 静かで満ち満ちているのを感じました。
>
>
> ハートの共鳴
>
> 何もなかったです。
>
>
> 立場をかえて
>
> 至福だけがありました。
>
>
> 立場なし
>
> ただ、ただ・・・という感じでした。

今回も、全体的にとても本質的で素晴らしい共鳴でしたね。
>
>
>
> スカイプがつながってすぐ、「何も起こっていない」という感じでした。

“即それ”ですね。
>
>
> セッションまでの1週間、“もっと”それそのもので在りたいという切望が起こっていました。
> ですがセッションが始まると、すでにそうである、すでに満ちているということをありありと感じました。
>
> 無空さんのお話からも知的な理解と直接の理解が深まることを本当にありがたく思います。

トータルに深まっていかれてますね。
>
>
> 次回のセッションもよろしくお願いいたします。
>
>
> ラバンジン

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する