何も起こっていないことの軽やかさと安心感がありました。

ここでは、「何も起こっていないことの軽やかさと安心感がありました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているラバンジンさんから頂いた感想と、
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

ラバンジンさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> 今回も真のセッションをありがとうございました。
>
>
> 体調が優れないことや忙しいこともあって、約2週間ぶりのセッションでした。
> 久しぶりにセッションを受け、とても気持ちが落ち着きました。
> いつも本当にありがとうございます。

自己理解の土台があると、落ち着くのも早いですね。
>
>
> 共鳴
>
> とてもやわらかく、愛だけがありました。
>
>
> アイコンタクト
>
> すでにすべて完結して、完成していることを感じました。
>
>
> 瞑想
>
> とても静かでした。
>
>
> ハートの共鳴
>
> 何もなく、からっぽでした。
>
>
> 立場を変えて
>
> 何もなかったです。
>
>
> 立場なし
>
> 何も起こっていないことを感じました。

全体的にとても穏やかで落ち着いた素晴らしい共鳴でしたね。
>
>
>
>
> セッション前まで、ただ在ること、存在をなにより大切にしたいという気持ちが強まっており、そこに没入したく、何かリトリートやサイレンスの場に参加したいな、という思いが起こっていました。
>
> ですが今回のセッションを受け、それさえも必要なく、すでにもう完結しているという事を感じました。
> (もちろん無空さんのリトリートがあれば100%参加しますが^^)

本質的なところを深く感じ取られていましたね。
>
>
> 何も起こっていないことの軽やかさと安心感がありました。
>
>
> 次回のセッションもよろしくお願いいたします。
>
>
>
> ラバンジン

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する