「わたしに向けられた愛」

ここでは、「「わたしに向けられた愛」」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているMonaさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Monaさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> 先週も素晴らしいセッション、ありがとうございました。
> 前回の感想をお伝えします。
>
> 最初の共鳴
> 「わたし」にフォーカスし、いまここに在る感覚が強くなり、忘れていた感覚が蘇りました。

気づきている主体である自己ではない何か他の対象から、「わたし」である自己に意識(の焦点)が戻る時、

存在本来の力(愛、知、在る)、感覚等が戻ってきますね。
>
> アイコンタクト
> 「わたしに向けられた愛」を感じました。その愛を受けていると、自分も愛を発していることを感じました。最後は両方の愛が溶け合い、愛だけがある、愛を愛していることを感じました。

現れている「わたし」と本質である「わたし」は同質であり、本来ひとつです。
ただひとつであるもの(愛、真の自己)が、本質的にはひとつであるまま、ふたつとなり、多となり、
自らの豊かさ、奥深さ、無限さ等を現し、そして、自らを体験的に知り、
それ自身そのものでもある豊かさ、奥深さ、無限さ等はさらに深みを増していきます。
より実際的なもの、より実質的なものとなっていきます。
>
> 瞑想
> ハートの波動が高くなり、純度の高いもの、静けさ、安らかさに満たされました。そして、刷新されるような感覚がありました。

「わたし」に戻ること、自己に戻ること、在る(愛)に戻ること、在ること、ただ在ること、
無空庵の基本の実践は、たとえはっきりとした自覚がなくとも、微細、微小、極小レベルで、毎回それ(純化、刷新、更新等)が行われています。
>
> ハートの共鳴
> ハートの輝きが以前よりも純度を増していることを感じ、貴重な宝物を持っていることを感じました。

はい、在ること、在るであること(その意識的実践、自覚、認識)を繰り返していくことにより、
その純度、広がり、深まり等は無限に増していきます。
それは、本当に貴重な宝物、存在の奇跡とも言えるものですね。
>
> 立場をかえて
> 外側に広がる輝きを感じ、その輝きが自分にも向けられていることを感じました。

本質的にただひとつであり、ただひとつのまま、2つとなり、多となっているものは、
そのような在り方をしています。
よく感じ取られていますね。

>
> 立場なし
> 内に秘められた輝きを感じました。隠れているけれど、確かにここに在る輝きだと感じました。

はい、それは本当は現れないまま、現れの体験を経て、それ自身であることで自覚、認識、感覚されます。
>
> 次回もどうぞよろしくお願いいたします。
>
> Mona

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する