無と自由。

ここでは、「無と自由。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.Aさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

K.Aさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> いつもお世話になっております。今回もありがとうございました。
> 第31回の感想を送らせていただきます。
>
> 最初の共鳴
> 不安などの感情やマインドが強く、呼吸が十分に楽にできる感覚が遠くの方で感じられました。
> アイコンタクト
> 安心感、穏やか。でもずっとそこに留まっていられず、気がかりな出来事やマインドが出てきました。
> 瞑想
> 闇の中の光。空間を味わうことと夢のような場面(マインドなのか)の繰り返しでした。
> ハートの共鳴
> 暖かさ。
> 立場を変えて
> 広がり。
> 立場なし
> 無と自由。

今回は、前半、浄化的なマインドも同時に起こっていて、後半、それが一通り起こり終わり、
本質をクリアに感じ取られていたという感じでしたね。
>
> 現実的な生活が少し落ち着いたら、すごく眠り込んでしまう状態になり、大長編の夢を見て、その夢で疲れてしまうという変な状況でした。

浄化のような感じですね。

> 今回はセッションも、いつもより在るに留まっていられずにマインドが侵入してくる感じが強く、何とか在るに留まろうとするのも確かにマインド的で自然じゃないのかなあと思いました。
> 隠していたものが露わになる時期とか、浄化としてマインドが活発になっているというプロセスを信じたいですが、渦中にいるとこれで大丈夫なのかなとまた心配になったり、
> まだマインドの力が強いんだなあと思っています。

実践の継続により、マインドの力は徐々に弱まっていきます。
(途中、大きめの浄化や、強い抵抗が起こる時は一時的に強まることはあります。)
そして、より楽に在れるようになっていきます。
プロセスの理解を持ちながら、ある意味、忍耐強く地道な実践が大切です。
それが真の変容を促していきます。
>
> それでは、またよろしくお願いいたします。
>
> K.A

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する