真のハートとは、真我そのもの

ここでは、「真のハートとは、真我そのもの」 に関する記事を紹介しています。
こちらは、無空庵第一ブログに載せていたS.Oさんの体験談(2011年6月23日掲載)を移設したものです。

(無空庵第一ブログにあるこれまで皆さんから頂いたセッションの感想のうち、新しい方のものをひとつかふたつ、こちらのブログに移設させて頂いております。)

それ以前のものは、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ・■セッション体験談・他のS.Oさんの体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

************


今回は、セッションを受けられているS.Oさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介いたします。

S.Oさん

ご報告ありがとうございました。

> 無空さん6月9日のセッション有難うございました、感想をお送りいたします。

> 共鳴中だんだんと静かになる、静かになってはいるが、いつもとは違い胸のあたりの若干の重苦しさがが溶けて行く時の違和感を味わいつつ喜びもあいました。
>
> アイコンタクト
> コンタクト中、今どうですかと聞かれてなかなか返事ができず笑ってごまかしました。

表現が難しい時、または、思考が起こってこないときは、笑ってごまかすのでもありです(笑)。

>でもなんとなく止まっているときもあったと感じました。
>
> ハートコンタクト
> 何かに引き込まれるような感じであり、本日はハートの深さとでも言いましょうかがあり、そこからの喜びがあります。

ハートの浄化、活性化が進み、深まっているようですね。
真のハートとは、真我そのものです。

> 全般
> 胸のあたりが浄化された感じです。夕方の散歩も胸に喜びと共に違和感(浄化)を感じながらの散歩をたのしみました。来週も宜しくお願いいたします。

こちらこそ、よろしくお願い致します。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する