花の香り(百合の花の香りがしました)

ここでは、「花の香り(百合の花の香りがしました)」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられてるumiさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

umiさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> セッションをありがとうございました。
> 共鳴の感想です。
>
> 光と暗い感情
> 透明
> 起こったものは消えていく
> 何も起こっていない
> 愛そのもの
> 現象に関わらず、在る
> 花の香り(百合の花の香りがしました)
>
> などを感じました。

今回も本質的なところをとてもよく感じ取られていましたね。
本質としての在るは、花の源、香りの源でもあります。
共鳴中、香りが感じられることもありますね。
>
> この回のセッション以降、元々はあまり鋭くなかった嗅覚が少し開かれた感じがあります。
> 在るの浸透は静かに様々な変化をもたらすのだなと思いました。

はい、在るの浸透は、存在全体に大きな、そして、精妙な変化、変容を促していきます。
>
> いつもありがとうございます。
> またよろしくお願い致します。
>
> umi

こちらこそよろしくお願いいたします。
ありがとうございます。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する