在るがただそれ自身を開いていく

ここでは、「在るがただそれ自身を開いていく」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているA.Tさんから頂いた感想と無空の返信を、
参考までにご紹介させて頂きます。

A.Tさま

ご報告ありがとうございました。

> 無空さま
>
> いつもお世話になっております。
>
> 前回のセッションから間があいていますが
> 8月は様々に動きが起こっています。
>
> その中で、友人Hさんの感想の中の無空さんの言葉
>
> 「在るの在り方としては、正しい方向へ向かうのではなく、
>
> 相対を超えた正しさそのものとして在り
>
> そこから自然な流れが起こっていく、流れそのものとして、
>
> 流れずに流れていくという感じです。」
>
> が、このところ感じていて、深まり続けているところで、何度も読み返しています。
>
> 素晴らしいサポートに感謝いたします。

とてもよい感じで在られていますね。

以前もどこからで書いたかと思いますが、

感想への返信は、送って頂いた方お一人に書いているというわけではなく、

必要な方々へ届くよう、

また、真実が開かれるきっかけになる言葉などがあったときには、

特定の誰かのためとか、誰かに向けてということではなく、

(特定の誰のためでもなく、同時に、それ自身から現れたすべての存在のために)

在るがただそれ自身を開いていく、ということが起こります。

>
> 次回のセッションもよろしくお願いいたします。

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する