あなたが存在しているということが、根源から愛されているということ。

ここでは、「あなたが存在しているということが、根源から愛されているということ。」 に関する記事を紹介しています。
写真素材 PIXTA
(c) taka写真素材 PIXTA


こちらは、無空庵第一ブログに載せていたKさんの体験談(2011年3月31日掲載)を移設したものです。

(無空庵第一ブログにあるこれまで皆さんから頂いたセッションの感想のうち、新しい方のものをひとつかふたつ、こちらのブログに移設させて頂いております。)

それ以前のものは、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ・■セッション体験談・他のKさんの体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

************

今回は、セッションを受けられているKさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。
(現在もまだ、仕事場と自宅の方はインターネットが使えない状況ですが、市内で電気が大分復旧してきたため、地元のパソコン教室の光回線を使わせていただき、ブログの予約投稿をさせて頂いております。)

Kさま

ご報告ありがとうございました。

> 無空さま
>
> こんにちは
> PCの件ですが、新しいものを買うことになりそうです。
> 手に入れるまでにしばらく時間がかかりそうなので、今月はセッションが受けられないかもしれません。
> いろいろとご配慮頂いたのに本当に申し訳ありません。

真我に確立していくプロセスの途上では、いろいろなことが起こってきます。
起こることを受け入れ、ただ、在るに意識を向けていましょう。
準備ができたら、またご連絡ください。
>
> 前回の感想を送れていませんでしたが、あまり記憶がないので、受けてから2週間のことを書きます。
>
> 相変わらずマインドが騒いでいて、落ち込むことがかなりありました。
> 表面上は何気なく過ごしていますが、内心はなにをどうしたらいいのか、、、現実でも行き詰まりを感じています。
> 空に意識を向けて一時は穏やかになるのですが、結局悩み自体は解決しないと落胆してしまいます。

まだマインド優勢ですね。
セッションもスタートしたばかりなので仕方ないですが、悩み、問題はマインドの中にしかありません。
在るのはただ事実だけで、それを悩みにするのがマインドです。
そのマインドを浄化し、超えていったとき、状況も変化するということはよくあります。
変化してもしなくてもどっちでもよくなったとき(それに対する不要な執着・観念を手放したときに)、本質的な部分から変化が起こってくることがあります。
マインド優勢の自分はそのままで、外側を変えようとしてもなかなか上手くいかなかったり、一時的であったりすることが多いですね。
根本的な解決、本質的な変容は、自分自身が変わること、クリアになることから始まります。
現れの部分の形だけを変えようとするのではなく、その源である自分自身(在る・空・愛)に焦点を当て続けることが大切です。
>
> マインドの苦しみと空の静けさの両方に板挟みになっている気がします。
> いつでも穏やかな方にいたいのに、マインドの悲しみが痛いほど伝わってきて、引っ張られてしまいます。
> 愛されていない、導かれていない、自分にはなんの能力もない・・・と人に嫉妬し、自分がどれだけみじめな存在かを見せつけられた思いです。

全てマインドの罠、ささやき、物語の主人公作りです。

> 愛を感じられない、愛がわからないということが、本当に苦しいです。

マインドが覆い隠していますね。
でも、最も根源的な愛は在ることです。
自分が今在るなら、愛されているということです。
存在しているということが、どれほど愛されていることなのか、少しずつ分ってくるようになるといいですね。

> そのたびに本当の自分は一度も傷ついていないという無空さんの言葉を思い出していました。

苦しいと感じているその時でさえ、それ(本当の自分・真我・純粋意識)はまったく影響を受けていません。
苦しさが、意識、気づき自体を変質させることはありません。
意識、気づき、空は、傷つきようがありません。
それは何ものからも自由で、絶対的に変わらないものです。
それが本当のKさんです。
すべての現象が起こる源に在りましょう。
源そのものとして在りましょう。
>
>
> 先月から週一でヨガをならっているのですが、朝と寝る前に屍のポーズをとりながら、内側の感覚に目をむけることを習慣にしようと思いつき、さっそくはじめています。

その思いつきはどこから来ていると思いますか?
覚者が言っています。
内側から起こってくる思いもまた、恩恵であると。
個人は現象、現れなので、源にはなれません。
自分(個人)がそう思ったんではないんです。
覚者は、源として在り、内側からも外側からも働きかけ、サポートしていると言っています。

それでも、愛されていない、導かれていないと言えますか?


内側に意識を向ける習慣づくりはとてもいいですね。
内側の方が源に近く、エネルギーも高いです。
でも、意識を向けるのは思考、感情ではなく、源そのものである在る(空)がいいですね。

> また、ふと思いつき、セッション時の無空さんの目(アイコンタクト)や雰囲気をイメージしてみたら、胸の中にあたたかいものが流れてくる感じがしました。

そのようにしている方もいます。
意識は時空を超えていますので、直接つながることが出来ます。
私はただ在りますので、どうぞご自由にお使い下さい(笑)。
そして、自分自身もまた、それ(真我・無限の愛)であったと気づいてください。
>
> 苦しんでいる時間の方が長く、なかなか空にもどれませんが、できることをしていこうと思っています。

たとえわずかな時間でも、空に戻ることは、その他の時間に深いレベルから影響を及ぼしていきます。
そこは無限の可能性、無限のエネルギーの場です。

そして、不要だと気づいた観念があったら、どんどん手放していきましょう。
>
> とりとめのない内容になりました。
> またメールいたします。

はい、またご連絡をお待ちしています。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する