光と軽やかな感じが広がっていました。

ここでは、「光と軽やかな感じが広がっていました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.Aさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

K.Aさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> いつもお世話になっております。今回もありがとうございました。
> 第26回の感想を送らせていただきます。
>
> 最初の共鳴
> 近いところで感情やマインドがへばりついている感じ。そこから外に出ると光と軽やかな感じが広がっていました。
> アイコンタクト
> 強い感情の塊が広がっていき、薄まって軽くなっていく。
> 瞑想
> 自由に動く。夢のようにモザイク状の場面が起きたり消えたりしていました。
> ハートの共鳴
> 全てを受け入れる。かかわる。
> 立場を変えて
> すみません、忘れてしまいました。
> 立場なし
> 漂う、マインドが消える

今回は、現在起こっている感情やマインドが、徐々にクリアになっていった感じでしたね。
>
> 日常生活では、停滞、行き詰まり、といった状況で時々、居ても立っても居られないような焦燥感を感じることもありました。
> 物理的な時間のなさもなかなか解消されず、何かやり方を変えないと今の状態がずっと続くのかなと感じているところです。

そうですね。
そのような時期に来ているのかしれませんね。

> 在るの存在はいつも認識しているけれど、目の前の行き詰まりが重くてなかなかその向こう側には行けませんでした。

認識しているだけでもかなり違います。
(在り方、姿勢、態度を培っていくという意味でも。
そして、それが培われていけば、見え方、感じられ方、体験のされ方、起こってくるものも自然に変わっていきます。)

目の前にあるものはそのままで、在るの認識も続けて在りましょう。
>
> それでは、またよろしくお願い致します。
>
> K.A

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する