私の無意識の世界は、この在るのエネルギーでなければ解明されなかった思います。

ここでは、「私の無意識の世界は、この在るのエネルギーでなければ解明されなかった思います。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているまるこさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

まるこさま

感想ありがとうございました。

> こんにちは
> 先ほどは、ありがとうございました。
> 感想を書いたものが、手違いで
> 消去され、また 書いていますが
> 感想が、変化して行く 不思議さを
> 感じてます。
>
> 変化し、深い自己理解の方へ
> 進んで行く感じです。

とてもよい感じですね。
その進んで行き方自体も、
自己理解に含まれますね。

在るの在り方、在るの進み方、
自己の在り方、自己の進み方です。
>
> いかに、この自分が謎に包まれ
> 自分の事を知りたいと、願っていたか
> と思います。
> 私の
> 無意識の世界は、この在るのエネルギーでなければ
> 解明されなかった思います。
>
> 解明されたとしても、一つにはならなかった
> とも思います。

すべてのすべてであり、そして、ひとつであるものである在るだからこそ
為せる業(愛)とも言えますね。
>
> そして、それらは
> 身体のあちこちに、ヒントとして 残存しているものだと
> 思いました。

はい、それもすべてはひとつであることの理解
(同じひとつであるものが、そのまま、その全体性を保ったまままるごと
心、身体など様々なレベル、様々な階層、様々な領域等に現れているという理解)から分かりますね。
>
> 意識から身体へ。。入ったのは
> 共鳴を始めて、2年ぐらい経ってから
>
> 背中、胸、、今は下腹部が溶けて行っているようです
>
> 何度も、暗黒の世界へ入りましたが
> そんな時は、在るにお任せです。

そうですね。
個人(自我)ではなく、在る(真我)にお任せするか、
あるいは、意識的に在る、または、在るそのものとして在りましょう。
>
> これで、終わりか、まだまだ続くか
> 分かりませんが。あるものは、出る
> ということで、これからも コツコツ
> 続けて行きます。

はい、そのような姿勢、在り方がいいですね。
在るは、これで終わりか、まだ続くか等
まったく関係なく、ただ在ります。

毎瞬毎瞬、ただ自らであり、ただ自らを実現しています。

>
> 今日は、アイコンタクトで
> 自分の目が、水晶のようになった
> 感覚が、印象深かったです。

在るがままの曇りなき歪みなき視点、とてもクリアな視点ですね。
>
> では、また来週よろしくお願いします。
>
> まるこ。

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する