広がりと集中。

ここでは、「広がりと集中。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.Aさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

K.Aさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> いつもお世話になっております。今回もありがとうございました。
> 第23回の感想を送らせていただきます。
>
> 最初の共鳴
> 静寂、流れ。パソコンや空調などから少しずつ雑音があったのですが、それらの音が自然の中を歩いていて遠くに流れている川の音のように聞こえました。

全体が自然で、とてもよい感じですね。

> アイコンタクト
> いろいろな立場、視点から俯瞰する。動きを感じました。

在るのトータルな在り方のひとつとも言えますね。

> 瞑想
> 何もない空間に、夢のようにいろいろな場面が流れ込んできました。

よく見えていますね。

> ハートの共鳴
> 意図することと味わうこと。

> 立場を変えて

> 広がりと集中。

> 立場なし
> 不動、芯。

今回も、全体的に、本質的なところ、そして、起こっていることにとてもよく気づかれ、感じ取られていましたね。

そのような繰り返しが、現れも含めた在るの理解を深めていき、存在全体の変容を促していきます。
>
> 日常生活では、物理的な時間のなさがピークという感じで、睡眠不足もあって余裕がない感じになってしまいました。もう少しゆっくりできるように、空いた時間に在るを実践できるように戻していきたいです。
>
はい、そのような意識が大切です。

無理のない範囲で、在るの実践を継続していきましょう。

> それでは、またよろしくお願いいたします。
>
> K.A

はい、こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する