起こること、現れるということは愛なのだという事を感じました。

ここでは、「起こること、現れるということは愛なのだという事を感じました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているラバンジンさんから頂いた感想と、
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

ラバンジンさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> 今回も真のセッションをありがとうございました。
>
>
> 共鳴
>
> 微細なところが開かれていることを感じ、またそれは知っていた微細さより、さらに微細であるということを感じました。

よく感じ取られていますね。
>
>
> アイコンタクト
>
> 全てが自然に起こっており、それらは暖かく見守られていることを感じました。
> また、何かがまるっきり変わってしまったという感じもありました。

静かで自然な変容、シフトが起こっていたかもしれませんね。
>
>
> 瞑想
>
> 寸分の狂い無く全てが正確に起こっていると感じ、
> 起こること、現れるということは愛なのだという事を感じました。

愛(真の自己、在る、全体、生命)の理解が深まりますね。
>
>
> ハートの共鳴
>
> 何が起こっているのかさっぱりわからないという感じと、何もかもが真新しいという感じがありました。

さらに開かれてきている感じですね。
>
>
> 立場をかえて
>
> 長くお世話になっているはずなのに、まるで「この時が無空さんと面と向かうのが初めて」という様に感じ、それがとても不思議な感じがありました。

最も古く、最も新しい、常に変わらずに在りながら、いつも新しい、在るの在り方ですね。
>
>
> 立場なし
>
> 何も起こっていない様な感じがありました。

真なるところ、真なる在り方ですね。
>
>
> 今回は、セッション全体を通して、うまく言葉に出来ない様な不思議な感じがありました。

さらなる深奥、開かれ、そして、より大きく、よりトータルな感じなのかもしれませんね。
>
>
> 日常では忙しい中にありながらも坦々と過ごせている様に思います。

よい感じですね。
>
>
> 次回のセッションもよろしくお願いいたします。
>
>
> ラバンジン

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する