サット・チット・アーナンダは「これ」

ここでは、「サット・チット・アーナンダは「これ」」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられている青さんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

青さん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> いいんです
>
> この度の転職で~
>
> 伺う整骨院さんでは
>
> 本当に物理的手法での治療なのですが
>
> 青とその先生の間では
>
> なんとも不思議な何かが流れあっているようです(^0^)
>
> このワクワクはなんとも懐かしい感覚で
>
> 先生に対して懐かしいというよりも
>
> 青の在り方が懐かしいようです
>
> 言うなればプレム氏の「いのちの喜び」を伝えているかのようです
>
> 何も話はいたしませんが~~(^0^)
>
> ありがたいです!!!

よいご縁を頂いて、よかったですね。
>
>
>
> さて
>
> 始めの共鳴では
>
> ヨーガの道が拓かれていました
>
> 知るもの=知られるもの
>
> 識別の綾

大事なところのひとつですね。
>
>
>
> アイコンタクトは
>
> サット・チット・アーナンダは「これ」
>
> 特に
>
> そのアイ=目という
>
> チット
>
> 全てを知っている目
>
> 気づいている意識=目が迫るものでした
>
>
> 「艶艶・つやつや」としていました

本質的なところをとてもよく感じ取れていましたね。
>
>
>
> 瞑想は
>
> 豊潤
>
> 愛に
>
> 満ちている
>
> しかしながら
>
> 「これ」を表現する言葉は
>
> ありません

在る(真我、愛、生命、全体)は、それほどに大きく、奥深く、豊かです。
>
>
> ハートの共鳴は
>
> 拓かれている
>
> (何かが開かれた感じでございました!!)
>
>
> 立場をかえては
>
> ハートの共鳴ですでに立場が代わっていたかのような感覚だったのですが
>
> その奥深き「愛」を味わっておりました
>
>
> その深き「愛」
>
>
> 立場なし・ニュートラルは
>
>
> 純粋さ

今回も全体的に本質的なところをとてもよく感じ取られていて、
素晴らしい共鳴でしたね。
>
>
>
>
>
> 無空さん
>
> すごいですね
>
> 無空さんとの共鳴が
>
> だれか何かと比較出来たりするものではありませんが!!!!!!
>
> 青自身の人生
>
> 青の生きる旅路をこれほどまでに
>
> 支え明るく指し示していただくものは他に知りません
>
> 心から
>
> 愛と感謝を捧げます~~^^
>
こちらこそありがとうざいます。
>
>
> もちろん
>
> 「これ」を理解し
>
> 生きてどう在るのか
>
> 青の日常生活ではございますが(^0^)
>
>
>
> えへへ
>
> 青もすごいぞ!!

はい、すごいです。
>
>
>
>
>
> 無空さん
>
> ありがとうございました
>
>
>
> 青


ありがとうございました。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する