覚醒そのもの

ここでは、「覚醒そのもの」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第293回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「全体をまるごと感じている」、「感じているだけ」、「全体そのもの」を感じました。
>
> アイコンタクトでは、「揺らがないそのもの」、「揺らがないパワーがすべてに影響を与えている」を感じました。
>
> 瞑想では、「純粋な覚醒」を感じました。
>
> ハートの共鳴では、「覚醒したベース」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「覚醒そのもの」、「覚醒が放射されている」を感じました。
>
> 立場なしの共鳴では、「覚醒だけが在る」、「覚醒=愛」を感じました。

今回は、覚醒の質が大きく強く深く開かれ、活性化していた素晴らしい共鳴でしたね。
>
>
>
> 日常では、
>
> すべてがふんわりと包まれている感じがあります。
>
> ただそうであるものが、ただそうであるように、(流れずして)流れています。
>
> まとまっています。

ただそうであるもの(在る、愛、全体)の感じ、在り方が、そのままにとても伝わってきます。

本当に素晴らしいですね。
>
>
>
> また、以前は、「マインド的に好ましいこと、好ましくないこと」という表現が起こっていましたが、今は、その表現が合わなくなっているのを感じます。
>
> マインド的にも、すべてのことに、あまり違いを感じません。(識別は働きます。)

さらに在るの質が浸透し、変容、成熟が進んでいますね。
>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する