不動とその中の流れを感じました。

ここでは、「不動とその中の流れを感じました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.Aさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

K.Aさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> いつもお世話になっております。今回もありがとうございました。
> 第21回の感想を送らせていただきます。
>
> 最初の共鳴
> 起こることを味わう、愛でる。広がり、空間。その後、気がかりなことの解決方法を考えるマインドが出てきて不安も引っ張られて出てきてしまいました。

出てきたことに気づいたら、シンプルに“ただ”在るに戻りましょう。

> アイコンタクト
> すみません、忘れてしまいました。
> 瞑想
> 夢を見ているかのようにモザイクでいろいろな場面が出てきました。在るはちょっと遠くに行っていたかもしれません。

浄化的に起こってきていたかもしれませんね。

> ハートの共鳴
> 差し出して委ねる。
> 立場を変えて
> 不動とその中の流れを感じました。

よく感じ取られていますね。
>
> 日常生活では、少し心身ともに余裕がなくなってきて、あまりゆっくりできないと感じています。
> これもパターンなのかと気づいたのですが、早くできない、時間がない、でも必要だから睡眠時間を削るしかない、というサイクルにはまっているように思いました。

気づくところから変容は始まっていきます。
どのように変わっていくのか見守っていきましょう。
>
> セッションでも不安が出てくるととらわれてしまう感じになっていたので、生活の中では不安や気がかりなどのマインドに引っ張られている時間が結構あるのかもしれないと思いました。
> 気づいたら在るを思い出すようにはしているのですが、少しの時間でも在るを感じる時間を積み重ねていけるといいのかなと思いました。

在るの実践を始めてから起こってくるものは、浄化的に起こってきているものもあります。
書かれてあるように、在るの実践を積み重ねていきましょう。
地道な実践が、徐々にではありますが、着実な変容を促していきます。
>
> それではまたよろしくお願いいたします。
>
> K.A

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する