自分自身を思い出すことと未知を知っていくことはイコールであるということを感じました。

ここでは、「自分自身を思い出すことと未知を知っていくことはイコールであるということを感じました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているラバンジンさんから頂いた感想と、
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

ラバンジンさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> 今回も真のセッションをありがとうございました。
>
>
> 共鳴
>
> 花びらが一枚ずつ順番に開くイメージがあり、どんな現れ方をしても(現れない、という事も含めて)、「現れること」というのは均等に美しいということを感じました。
> また、基盤の様なものを感じ、微細なところまでも隙間なく確かなものが埋め尽くされている事を感じました。
>
>
> アイコンタクト
>
> しっかりと自分自身を確認できていること、信頼していることを感じました。
> また、自分自身で在れることのよろこびを感じました。
>
>
> 瞑想
>
> 自分自身への愛を感じ、自分自身が愛であることを感じました。
> また、きらめきだけが在り、それは懐かしさそのものでもありました。
>
> 幼い頃から事あるごとに瞬間的に感じていた、白い世界の様なもの・きらめきが何であったのかが、今日ここでつながり、理解されたことに感動がありました。
> また、当時はきらめきしか無いことに怖さがあったのですが、今回はただただ平安でありました。

理解と成熟が進んでいるので、怖さはありませんね。
>
> また、過去も未来も無く、これまで何も起こったことなど無いという理解も同時にありました。
>
>
> ハートの共鳴
>
> 自分自身を思い出すことと未知を知っていくことはイコールであるということを感じました。
>
>
> 立場をかえて
>
> 未知の部分に光が当たり、どんどん明らかになっていくことを感じました。
>
>
> 立場なし
>
> 明らかさだけがありました。

今回は、これまで以上に在る(愛)であること、そして、在るの視点からの理解の深まりが感じられる素晴らしい共鳴でしたね。
>
>
>
> 日常では、より日々を丁寧に過ごしたい、また、整えていきたいと感じています。
>
> そして、特別な一部の時間だけを大切にするのではなく、生活全体を大切にしたいという思いも起こっています。
>
> 存在の奥深さが知られながら、穏やかな日常が展開していくことが本当にありがたいです。

とても全体的で、トータルな感じですね。

真実、本質の深まりと、全体性が同時に育まれていっていますね。
>
>
> 次回のセッションもよろしくお願いいたします。
>
>
> ラバンジン

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する