暗闇の中での自由。どのような形になってどう動いてもいいという感じ。

ここでは、「暗闇の中での自由。どのような形になってどう動いてもいいという感じ。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.Aさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

K.Aさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> いつもお世話になっております。今回もありがとうございました。
> 第20回の感想を送らせていただきます。
>
> 最初の共鳴
> 深さ、濃さを感じていたところで、急にskypeの雑音が始まり、大きくとらわれてしまいました。在るを思い出して戻ろうとすると、次々と日常生活の不安が想起されていきました。本題とはずれますが、マインドの動き方がよくわかりました。

マインドも在るの現れであり、在るそのものであるとも言えます。
在るをトータルに知っていくという点では、まったくずれてはいません。
(マインドの立ち位置からマインドだけを知っていこうというときには、トータルとは言えませんが、本質としての在るを知りながら、その現れも本質の現れとして理解していくことで、
全体でひとつであるものである、という理解、実際的な統合が起こっていきます。)

マインドがどのようなものであるかが理解されていくことにより、そこからより自由になっていきます。

> アイコンタクト
> 広がり、奥行き。
> 瞑想
> 暗闇の中での自由。どのような形になってどう動いてもいいという感じ。

とてもよく感じ取られていますね。

> ハートの共鳴
> 温かいものが広がっていく感じ。不安がある一点に起こり、それを感じつつも在るが大きく包んでいる感じがありましたが、やはり気づくとマインドに引っ張られていきそうになりました。
> 立場を変えて
> 平穏、融合、溶け合っていく感じ。

今回も、本質的なところ、そして、起こってくることにとてもよく気づかれていましたね。
>
> 日常生活では、自分が思っているよりも疲れやすく、やろうと思ったことができず寝てしまってがっかりしたりしていました。元々睡眠時間が足りないのかなとも思いますが、やりたいことがあると睡眠時間を削りがちなことに気づきました。
>
> 不安な状況は続いているのですが、周りに相談もしつつ、不安はありつつも少し距離をとって、淡々とやっていく、という感じになりつつあります。今の状態がプロセスでもあると感じているので、この調子でやっていければいいのかなと思っています。

はい、プロセスの理解を持ちながら、進んでいくことでより安定して進んでいくことができます。
>
> それでは、またよろしくお願いいたします。
>
> K.A

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する