ただ在ることは、自分のためだけに在ることであると同時に、すべてとして在ることだとも感じました。

ここでは、「ただ在ることは、自分のためだけに在ることであると同時に、すべてとして在ることだとも感じました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているMonaさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Monaさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> 先日も素晴らしいセッション、ありがとうございました。
> 今与えられているものの素晴らしさに感謝しながら過ごしているせいか、落ち着いて在ります。

感謝、ありがたい、という在り方は、存在を開き、また、トータルなものとしますね。

> では、感想をお伝えします。
>
> 最初の共鳴
> ただ純粋に在ると、在ることのぜいたくさ、すばらしさを感じました。
> そして、ただ在ることは、自分のためだけに在ることであると同時に、すべてとして在ることだとも感じました。

はい、それが在るの在り方です。
純粋な自己、純粋な自覚、純粋な主観性そのものでもある在る、そして、すべての源、また、その現れも含めた
すべてのすべてとしての在るの在り方です。

> そして、すべてに貢献していることを感じました。

存在は、ただ在るだけですべてに貢献しています。
すべての存在は、ただ在ること、ただ存在していることにより、すべてに貢献しています。
>
> アイコンタクト
> 愛が与えられ、また愛を与えるということが自然に為されていることを感じました。

ただ在ることにより、それは自然に為されています。

> 在ることで、愛の大きな動きを感じ、それに身をゆだねました。
> 後半は愛の輝きとして在りました。

素晴らしいですね。
>
> 瞑想
> 体中が活性化し、輝きのよろこびを感じました。
> このよろこびが表現したいものがあることを感じましたが、体の中にブロックがあることも感じました。

気づくことにより変容が促されます。
>
> ハートの共鳴
> ハートのクリアさを感じ、ハートの輝きとして在りました。
> 輝きをすべてに与えていることを感じました。

ハート(在る)は、とても大きな働きをしていますね。
>
> 立場をかえて
> 輝きを与えて在りました。
> その後、境界線のない世界があらわれ、与えるものも与えられるものないという理解が起こりました。。

ただひとつであるものの在り方ですね。
>
> 立場なし
> 世界は大きな愛の輝きという理解が起こりました。

愛(在る、真・善・美)から起こったもの(世界、現象世界)は、愛(在る、真・善・美)であり、愛の輝き(現象、実現)です。
>
> 次回もどうぞよろしくお願いいたします。
>
> Mona

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する