静寂と無

ここでは、「静寂と無」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.Aさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

K.Aさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> いつもお世話になっております。今回もありがとうございました。
> 第18回の感想を送らせていただきます。
>
> 最初の共鳴
> 最初しばらくものすごい静寂と無を感じ、湖の湖面のような動きを感じました。不動だけれど流れていると感じました。

感じ方もより深まっているようですね。

> アイコンタクト
> 広がり、暖かい感じ。途中で思考が出てきましたが、思考に意識が向くときは一点集中のような感じ、在るに戻るとそれがふわっと解ける感じがしました。
> 瞑想
> 無限の空間の中で自由に軽やかに踊っている感じ。
> ハートの共鳴
> つながりを感じていたところで、日常の不安が蘇ってきて、違う不安が次々と繋がって浮上してきてしまいました。

浄化として浮上してきた感じかもしれませんね。

> 立場を変えて
> 尊重、見る、注意を向ける。

今回も、本質、そして、起こっていることをとてもよく感じ取られていましたね。
>
> 日常生活では、自分なりに心身ともによく動いた感じがしているのですが、同時にもっとできるのではないかなど欲も出てきてしまう感じもあり、また息切れしてやや疲れも感じているところです。

徐々にバランスがとれるようになっていくでしょう。
>
> 日常生活での在るは、存在をわかっているよ、とは思っているのですが、なかなか感じ取れないところに、どうしてももどかしさを感じてしまいます。
> まずは思い出すだけでもいいとセッションで確認している感じです。

はい、その確認と、日々実践の積み重ねがとても大切であり、それが自然な変容を促していきます。
>
> それでは、またよろしくお願いいたします。
>
> K.A

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する