やっぱり先生は必要だと思いました

ここでは、「やっぱり先生は必要だと思いました」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられている H.KIさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させていただきます。

H.KIさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
>
>
>
>
>
>
> セッションありがとうございました
>
> セッションの翌朝、元々在った、というとても自然な感じでした
>
> そのとき感じたことは、“広がる”という表現が違う、合わないという感じでした

在るの在り方、感じられ方は様々ですが、より本質的で、不動不変的なところを

感じ取られたようですね。
>
>
>
> 話しは変わるのですが、
>
> 何回か前のセッションで、無空さんから起こった言葉が思い出されました
>
>
>
> 私から起こった言葉で、
>
>
>
> 無空庵の感想を書くとき、在るを“詩”的に表現したい、書きたいという憧れがあり、
>
> その思いとは裏腹に、いつも現実的(日常的なこと)しか書けない事に対して
>
> 自分は在るを本当には解ってないという劣等感があり、他のことはどうでもいいのに
>
> 在るに関してこの事だけは越えられないという内容でした
>
>
>
> そのように書けないと在るをわかったことにはならないという、勝手な思い込みが
>
> なぜか強力にあります
>
>
>
>
>
>
>
> 無空さんから起こった言葉は、
>
> 在るに対する強い思いは素晴らしい…..
>
> その中に在るを利用して一番というのを取りたいというのがあるかもしれませんね
>
> ……わかりませんけど、
>
> (才能、文才等のお話し、日常でのトータルな成熟等のお話しがありました)
>
> ……………
>
>
>
>
>
> 自身の中で、全く気付いてなかったことでしたので、あまりピンときませんでしたが、
>
> 友人との関係で、露わになってきたような…..
>
>
>
> やっぱり先生は必要だと思いました
>
> ありがとうございます

何か参考になる部分があったのでしたらよかったです。

何かで一番をとりたい、というのも素晴らしい思いですが、

在るの実現という点では、それを利用する者の側、立ち位置にあっては、

いつまでたっても、真の実現は起こりません。

(日常の中で、個人が起こらず、一時的に在るそのものが実現されている、

ということは在ります。

また、別の視点からは、在るを知っている知らないにかかわらず、

常に在るは実現されている、という見方もありますが、

今回は、本質を知り、現れを知り、その在り方、現れ方、関係性を知り、

ひとつであることを知り、それらすべてを深くトータルに存在全体で知り、

純粋で、かつトータルな在るの継続的実現、不断の実現、安定的実現

という点からの表現になります。)
>
>
>
>
>
>
>
>
>
> 感想です
>
>
>
>
>
> すす払いのような、、、、喜びが出てきた感じ
>
> クリアーな清々しい感じ
>
> 泣きたくなる感覚
>
> たくさん空気が吸えるクリアーな感じ
>
> 泣きたくなる感覚
>
> フラットで深い

今回も今に必要なことが起こりながら、

よりクリアーで深くなっていた感じでしたね。
>
>
>
>
>
> 次回も宜しくお願い致します
>
>
>
> H.KI

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する