これまでやりたいと思いつつも体が動かず先送りにしていたものが、少しずつ行動に移せるようになってきました。

ここでは、「これまでやりたいと思いつつも体が動かず先送りにしていたものが、少しずつ行動に移せるようになってきました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.Aさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

K.Aさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> いつもお世話になっております。今回もありがとうございました。
> 第16回の感想を送らせていただきます。
>
> 最初の共鳴
> skypeの接続の関係と自分のパソコンからと2種類の雑音がある中での共鳴でしたが、段々雑音がマインドのように感じられてきました。雑音を在るが包み込むようになったり、迫ってくる雑音の背後に静寂が広がっているように感じられました。

とてもよい感じですね。
シンプルな識別では、源と現れ、不動静寂であり、すべての現象、現れを包み込むものと、その中に現れる何かしらの現象があります。

> アイコンタクト
> 共鳴中にミュートにすることで雑音は減り、宇宙の中で流れを感じました。

はい、雑音が気になるようなときなどは、そのようにしていただくとよろしいと思います。

> 瞑想
> 自然の中で川の流れを見つめている感じでした。静けさの中に流れがありました。
> アイコンタクト
> 胸のあたりの温かい感じとつながる感じ。またそれを外から眺めている感じ。

今回も全体的に本質的なところをとてもよく感じ取られていましたね。
>
> これまでやりたいと思いつつも体が動かず先送りにしていたものが、少しずつ行動に移せるようになってきました。本当に少しずつなのですが、最初の一歩を踏み出せたことにささやかな達成感も感じました。

地道な実践の繰り返しにより、変容が起こってきているようですね。

> 一方で、せっかく時間ができたのにぼーっと何もしないで過ごしてしまった時もあり、動けるようになってきたからこそ、もったいなかったなと感じてしまいました。

動けるようになった時には、そのように感じてしまうことも自然なことです。
また、セッションでもお話しさせていただき、またご自身の体験を通した理解にもあるように、時間があるから、動けるようになったからといって、いつも同じように「動く」が起こるわけではありません。
「ぼーっと過ごす」が全体の中でとても自然に起こる場合もあります。

> 日常生活の中の在るについては、きちんと感じられなくてもOKと思えるようになったからか、気負わずに意識を向けられるようになってきた感じがしています。

とてもよい感じですね。
実践は、理解の進展とシンプルな繰り返しの中で、徐々に洗練され、より的確なものとなっていきます。
>
> それでは、またよろしくお願いいたします。
>
> K.A

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する