空自身の喜び。サポートから自立。そして、喜びと幸せ、愛と生命の無限の増大、深まり、拡大の共鳴ステージ。

ここでは、「空自身の喜び。サポートから自立。そして、喜びと幸せ、愛と生命の無限の増大、深まり、拡大の共鳴ステージ。」 に関する記事を紹介しています。
こちらは、無空庵第一ブログに載せていたSAさんの体験談(2010年12月22日掲載)を移設したものです。

(無空庵第一ブログにあるこれまで皆さんから頂いたセッションの感想のうち、主に新しい方のものをひとつかふたつ、こちらのブログに移設させて頂いております。)

それ以前のものは、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ・■セッション体験談・他のSAさんの体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

************

今回は、セッションを受けられているSAさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介いたします。(その2)

> そういえば、余談ですが、
> ○○というブログに、○○氏が「生きているマスターの臨在が必要だということを補強する例として、フーマンの言葉を引用しているHPを知ってびっくりした、、、云々」といような記事がありました。もしや、そのHPって無空さんのHPかも?!と思い私もびっくりしてしまいましたが、フーマンの言葉を引用しているHPは他にもありそうなので、よくわからないのですが、、、

> 私は、初め、無空庵さんのフーマンの言葉を引用している箇所だけを読んだとき、失礼ながら「無空さんはマスターに依存させちゃう人なのかなー?自立できないのかな?」と、ちょっと不安だったので、○○氏も、そう思われたのかな、、、?と思いました。

SAさんははじめそう感じられたのですね。
実際セッションを受けられた今であれば、私が依存させるタイプがどうかは、今のご自身の変化を見ていただいてもお分りだと思います。
(私の引用が、○○氏の意図とは違っていたようですので、「導師・教師からの個別指導の必要性」のところのフーマンの引用部分はカットしました。)

また、セッションを受けてる方々の中では、すでにご自身でセッションをスタートされてる方やブログを通してご自分なりに伝え始められた方、また、日常の中でもご自身の在り方を通して、周囲によい影響を与えていらっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。

無空庵は自立するまでのサポート(依存する個人の自立ではなく、真我に確立するまでのサポート)もしていますが、共鳴はそれ以上のものがあります。(従来の悟りの範疇を超えていますね(笑)。)

そして、すでにその段階に進んでいる方々もいます。(マインドを変容させながら同時進行という感じでもありますが。)
それは喜びと幸せ、愛と生命の無限の増大、深まり、拡大です。
それは空自身の喜びであり、幸せでもあります。
それはただ起こっていきます。
どこまで進まれるか(というよりは、すでにリーラ(神の遊び、神の戯れ)の段階とも言えますが)はそれぞれのご縁と魂によります。(それぞれの方の魂のブループリントという感じかもしれませんね。)

そのステージはマインドを超えたところにあり、もはや個人の依存とか、自立というレベルではありません。
それは全体の喜びの中で、ただ起こっていきます。

> でも、無空さんは私がセッションやめるのを全然引き止めず、、、あっさりでした(笑)

軽くご提案はしたつもりでしたが(笑)、
一番初めと、前回もおっしゃっていて、ご本人の中ですでに決められていたことのようでしたし、ご事情、 SAさんの性格、そして、悟りたいと思った最初の動機に対して今がとても充実されていて、楽しい状態になっていること。覚醒に関してもかなりいい状態になってこられ、しっかりとした基盤ができてこられたことなどから、よろしいのではないかと思いました。

> 私の場合は、家出してから、ほとんど誰にも頼らず一人で生きてきて、結婚後も、かなり一人でいろいろ悩み苦しみ、一人でいろいろする事につかれて、かなりネガティブになってたので、無空さんみたいに優しくて頼れる人に出会えて本当に良かったと思います。
> 3ヶ月間、本当に有り難うございました!
> 悟りを開いたときにはご報告したいと思います(笑)

はい、是非ご報告下さい。
ただ、「在る」はすでに悟りそのものです^^。
それがより腑に落ちて、よりよく分ったときという感じですね。

そしてそこから、その分った者(個人)をより効果的に落として(透明にして)いけるようになります。
悟りを開いた者がいなくなったとき、悟りそのものとなり、それを意識しなくなり、まったく普通になったときが、ある地点に来たということが言えますね。(本当は今もそうなんですが(笑)。)
>
> では(^o^)/

よいご縁をありがとうございました。
本当の自分であり続け、楽しくお過ごし下さい。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する