ただ在る

ここでは、「ただ在る」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第286回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「ただ在る=もっとも純粋なもの=最高のパワー」を感じました。
>
> アイコンタクトでは、「ただ在る=すべてという力」を感じました。
>
> 瞑想では、「ただ在る=唯一はじめから在るもの=もっともやわらかいもの」を感じました。
>
> ハートの共鳴では、「ただ在る=やわらかさそのもの」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「現れは硬い。ただ在るはやわらかさそのもの」を感じました。
>
> 立場なしの共鳴では、「本当は何もない=愛だけが在る」を感じました。

「ただ在る」の素晴らしさがさらに開かれ、とてもよく感じ取られていましたね。
>
>
>
> 日常では、
>
> 微細な抵抗に気づき、“ただ”在れていなかったことに気づきました。
>
> 体験を通して、一歩一歩、“ただ”の真のところを知っていっている、という実感です。

在るの歩みとも言えますね。

>
>
>
> ”ただ”とは、本当に”ただ”でした。

真のところが伝わってきます。
>
>
>
> もっとも簡単だけれども、もっとも難しく、
>
> もっとも楽だけれども、もっとも努力がいる。
>
> もっとも微かだけれども、もっとも力強く、
>
> もっとも地味だけれども、もっとも美しい、
>
> 何もしていないようだけれども、すべてを為している、

はい、“ただ在る”とは、そのようなものですね。
>
>
>
> 理解の深まりにより、力強さとよろこびが増しているのを感じています。

在るをより深く知っていくことにより、それらの素晴らしさは、自然に、そして、無限に増していきます。
>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する