無為

ここでは、「無為」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているまるこさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

まるこさま

感想ありがとうございました。

> こんばんは
>
> 先ほどは、ありがとうございます。
>
> 仕事は、やっているはずなのですが
> いつも、何もしていないような感じが
> 続いているお話しをしました。

自我である「自分が、私が」というもの、
「自分が・・・している、私が・・・している」というものが
弱くなってきている、薄くなってきている、あるいは、起こってもすぐに消えていっている、
あるいは、起こらなくなってきている、という感じかもしれませんね。

>
> 共鳴中、無空さんが、言われた、私は何もしていない。。
> という言葉が、ぴったりな感じ。。です。

ただ在るだけですね。

でも、真にただ在れているときには、何もしないのではなく(その存在を通して何も起こらないのではなく)、
今のまるこさんのように、そのときそのときの状況に必要なことが存在を通して自然に起こっていきます。

(何も起こらないことが必要な時には何も起こらない、ということも含めて。
また、何が起こるのが適切なのかは、それぞれの視点により様々ですが、
真のところは、マインド、あるいは、人智を超えたレベルにあります。)
>
> 共鳴は、今のエネルギーにドップリと
> 両足から入るイメージしてみました
>
> あるテレビドラマを見ていた時
> 両足、ドップリ浸かったなという言葉が、とても
> 印象的だったので
> いい意味での、抜けないくらい、ドップリ
> 浸ろうと、思いました。

それも自然に起こった感じですね。
>
> ハートも、立ち場も
>
> 今まで、培った、知識も、みんな
> 溶けるようにもイメージしてみました。
>
> そして、溶けてゆくようでした。

そのときどきで、必要な知識というものはありますが、
あるところまで来ると、ただひとつであり、すべてであるもの(在る、愛、全体、本質、自然、真の在るがまま、真・善・美)が
それまでのものに取って代わるようになってきます。

また、「溶けてゆく」という表現からは、

すべてのものは、そこ(在る、愛、全体、本質)から現れ、そして、またそこへ還ってゆく、

そこに溶けてゆく、

それだけが在る。

という視点、理解も見ることができます。

もう少し違った表現をすれば、在る(愛、全体、本質、ひとつであるもの)から
そのときどきの状況、必要により現れ、歩みをサポートしていた知識が、
在る(愛、全体、本質、ひとつであるもの)に統合され、
それまでの形を必要しなくなった、という見方もできますね。
>
> 今も、眼を閉じれば
> 共鳴続行中です。。

ドップリ浸っていますね。

>
> まるこ。

ありがとうございました。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する