愛の子として在ることを感じ、自分の存在の尊さを感じました。

ここでは、「愛の子として在ることを感じ、自分の存在の尊さを感じました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているMonaさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Monaさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> 先日も素晴らしいセッション、ありがとうございました。
> また、日程を変更してくださり、感謝しております。
> 日々特に心がけていることなどはないのですが、マインドが緩んで、今の在り方に満足できるようになり、自然と変容していることを感じます。

はい、とてもよい感じですね。

> では、感想をお伝えします。
>
> 最初の共鳴
> 大きくたおやかなエネルギーがゆっくりと動いていることを感じました。
> そして、体の中のブロックされたエネルギーがあることに気づき、気づけるありがたさを感じました。
> その後、たおやかなエネルギーとブロックされたエネルギーが一体となり、動いていることを感じました。
> 後半は体の中にプラーナが取り込まれ、体全体が活性化されることを感じました。

自然に必要なことが起こっていたという感じですね。
>
> アイコンタクト
> 愛が一身に注がれていることを感じ、「愛は決して離ることがない」という理解が起こりました。
> 愛の子として在ることを感じ、自分の存在の尊さを感じました。

とても大切なところですね。
>
> 瞑想
> 愛の炎が燃えていることを感じ、そこに情熱を感じました。

存在(愛、生命)の新たな側面、在り方が開かれてきましたね。
>
> ハートの共鳴
> 愛の炎が放熱され、体の中心が炎を灯したキャンドルのように感じ、温かな心地よさを味わいました。

瞑想からの自然な流れが続いていますね。
>
> 立場をかえて
> 人知をこえた大きな愛の力が動いていることを感じ、それが自由に動くのを見ていました。

はい、愛はすべてを超えていて、とても大きく、そして、真に自由です。
>
> 立場なし
> いまここで、確かな愛が築かれていることを感じました。

はい、それはより素晴らしくより確かなものとして開かれ築かれていっています。

それが、ゼロ意識(愛)共鳴です。
>
> 次回もどうぞよろしくお願いいたします。
>
> Mona

こちらこそよろしくお願い致します。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する