超えているよろこび

ここでは、「超えているよろこび」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第284回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「何ものにも影響を受けないよろこびそのもの、不動のよろこびそのもの、その中に(その中で)自然に何かが生まれていく」を感じました。
>
> アイコンタクトでは、「沈黙のベースそのもの=唯一のリアリティ」、「はじめからこれが在るだけ」を感じました。
>
> 瞑想では、「ベースを明らかにしたい、ベースの大切さを明らかにしたい。ベースの厚み、ベースも含めて真の自然」、「覚醒度合いが増した感じ」を感じました。
>
> ハートの共鳴では、「不動の愛そのもの」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「本当は何も起こっていない、一度も起こったことがない」を感じました。
>
> 立場なしの共鳴では、「ニュートラル=最高の幸せ」を感じました。

今回もとても本質度の濃い、そして、深い奥行きのあるところををとてもよく感じ取られていましたね。
>
>
>
> 日常では、
>
> 自然度合いが増している感じがあります。
>
> 「本質と現れの識別は働くが、本当は何も分かれていない」という実感がより強くなっています。
>
> 「気づいたら在るに戻る」が、意識せずに、繰り返されています。

素晴らしいですね。
>
>
>
> パターン、反応が、起こる、起こらない、消えていく、消えていかない、にもとらわれていないです。
>
> ただ、そうなんだ、という感じです。
>
> 自然そのもの、未知そのものであることを楽しんでいます。

いいですね。
>
>
>
> 超えているよろこび、
>
> 超えているものとして、パターン、反応を超えていくよろこび、
>
> その大きなよろこび、最高のよろこびを知っています。
>
> マインドのよろこびを求めていないです。
>
>
>
> ベースがよりしっかりして、(現れ方に関係なく、)いつも穏やかです。
>

本質度合い、そして、トータルな在るの実現度合いもさらに増していますね。

本当に素晴らしいですね。
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する