とにかく楽しくてしかたないという状態で終わりました。

ここでは、「とにかく楽しくてしかたないという状態で終わりました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているS.Nさんから頂いたメールと無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

S.Nさま

感想ありがとうございました。

> > 無空 様
> >
> > 昨日は6回目のセッションをありがとうございました。
> > 今回「ある」の変化が感じられ、とても楽しかったです。

楽しみながら実践できているのは、とてもよい感じですね。
> >
> > 1.沈黙
> > 無限に広がる「ある」の意識と、
> > 目の前に見えている現れは、
> > 全く別のところに存在し、分離している感覚でした。
> >
> > また、現れそのものが「ある」と一体化することもあり、
> > 上記のものと交互に感じることができました。

本質と現れが識別された在り方、
本質も現れも同じ在るであり、それだけが在るという在り方、

在るには、無限の在り方があります。
それらを知ることにより、よりトータルに在れるよう、
より大きく奥深く、かつ、自然でシンプルに在れるようになっていきます。

真の在るがままが実現されていきます。
> >
> > 2.アイコンタクト
> > いつも通り、視界が2重になり、遠くなりました。
> > 「ある」と現れは全く別のところにあり、
> > 分離している感覚で、
> > 上記と同じ感覚になりました。
> >
> > 「ある」を感じるほど、
> > 眠くなり、目が閉じてしまう状態になっていました。
> >
> >
> > 3.瞑想
> > 眠くなり、
> > 眠りに落ちる前の感覚でした。
> > 意識はあるのに、眠っているような状態でした。

体、個人は眠っていて、純粋な意識、在るだけが目覚めているという在り方ですね。
> >
> > 4.ハートの共鳴
> > 眠くなり、
> > 眠りに落ちる前の感覚でした。

個人がいなくなる、あるいは、透明になってくると、
そのような感じになる場合もありますね。
> >
> > とにかく楽しくてしかたないという状態で終わりました。
> > 無空さんとのお話の中で、
> > 覚醒が促進されているのだという気付きをいただきました。
> >
> > 本当にありがとうございました。
> >
> > S.N

ありがとうございました。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する