やはり、この道、が私は、好きです。

ここでは、「やはり、この道、が私は、好きです。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているまるこさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

まるこさま

感想ありがとうございました。

> > こんばんは
> > 先ほどは、ありがとうございました。
> > 私達、夫婦のこの世で、生きてゆくことなどに
> > 対して、周りの価値観との揺れ動きと
> > 右側の違和感についてのお話しをしました。

これから、この世、世界自体が大きな変容のとき、ということも
言えるかもしれませんね。
まるこさんご夫婦は、その先駆けとも言えるかもしれませんね。
> >
> > 最初の共鳴では、右側の違和感を
> > 強く感じました。
> >
> > ゼロ共鳴セッションを始めて、しばらく経って身体の違和感が出てくる方も
> > いると聞いて安心しました。

はい、スタートから出てくる場合だけでなく、
相当進んでから、深いものが浮上してくることもあります。
> >
> > アイコンタクトと瞑想では
> >
> > 只々いる。という感じと
> > 期待しない。ということを感じました。
> > 期待しないのは、自分も楽だし
> > 相手も楽なんだろうなと思いました。
> >
> > セッションが、始まってから
> >
> > 比べると、いる という感じが深くなってくるように
> > 思いました。
> >
> > もしかしたら、只々 いるという
> > ことで、いいかもしれない

はい、クリア、明晰になり、
(ひとつであるという認識とともに)識別力も増していきますが、
そこに余分なマインドがついていかないことが大事ですね。
> >
> > 本当は、いるという
> > ことが、自分の望んでいること
> > なのかもしれないとも思い始めました。

いいですね。
> >
> > 自分を信じることは、なかなか大変な
> > ことだとも思いました。
> >
> > なんとなく、また 新しい 段階にも
> > 入ってきたように思いました。

そうですね。
> >
> > やはり、この道、が
> > 私は、好きです。
> >
> > 深く、開いて 行きたいです。

純粋なその思い(自己への愛)が、
開かれ、深まりながら進んでいく力となります。
> >
> > セッションが、終わり、右側の
> > 痛みが減ってきました。

浮上してきたものは、それぞれの程度、度合いに応じて
感覚されながら消えていきます。

ゼロ意識共鳴では、そのサポートも行われています。
> >
> > まるこ。

ありがとうございました。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する