そこには至福・安らぎ・やさしさ・静けさだけがありました。

ここでは、「そこには至福・安らぎ・やさしさ・静けさだけがありました。」 に関する記事を紹介しています。
こちらは、無空庵第一ブログに載せていたmanさんの体験談(2015年6月27日掲載)を移設したものです。

(無空庵第一ブログにあるこれまで皆さんから頂いたセッションの感想のうち、主に新しい方のものからひとつかふたつ、こちらのブログに移設させて頂いております。

それ以前のものは、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ・■セッション体験談・他のmanさんの体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

************

今回は、セッションを受けられているManさんから頂いた感想と
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

manさま

感想ありがとうございました。

> 無空 さま
>
> 先日はセッションありがとうございました。
>
> セッションを始めてから10年以上前に起きた事をよく思い出します。
>
> ある日私の意識は遥か遠くえと広がっていきました。
> そして、目の前には地球がありました。地球の中に住んでいる私から地球を包み込んでいる私へと。

在る(全体、愛、真の自己)ですね。
>
> そこには至福・安らぎ・やさしさ・静けさだけがありました。
> それがどこまでもどこまでも広がっている意識の広がり。
> それそのもが私でした。
>
> そこに、今いる私はいませんでした。
>
>
> 年を重ねていくと通常、昔の記憶は薄れていきます。
> しかし、本質に触れた記憶は色あせる事がありません。

本質は、リアリティそのもの、生き生きそのもの、生命そのものでもありますから、
そのように感じられるのかもしれませんね。
>
> そこに生きて行く上での大切なヒントが隠されている様に思えました。
> もしかすれば、自我だけで強烈に生きた人生は何も残らないのかもしれませんね。
>
> ふと、そんな事を思い、メッセージとさせて頂きました。
>
> ありがとうございました。
>
>
> man

ありがとうございました。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する