正しく在り、正しく知る。それが愛

ここでは、「正しく在り、正しく知る。それが愛」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第280回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「自然そのものとして在り、自然を理解していく。自分とは何であるか、在るがままとは何であるか。欲望や恐れにとらわれずに、正しく在り、正しく知る。それが愛」を感じました。

素晴らしい愛、愛の在り方を感じ取られていますね。
>
> アイコンタクトでは、「愛は無限。無限の愛から、無限の姿形が起こっていく。そして、それを愛と認識する。それが自分自身を愛しているということ」、「自分自身が鏡に映っている感じ」を感じました。
>
無限の愛の理解の更新が起こっていますね。

> 瞑想では、「幸せであるところ、愛であるところ、安らぎであるところ、落ち着きであるところ。それを知っているよろこび」を感じました。
>
> ハートの共鳴では、「在る=知る」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「可能性(=現れ)のすべてを包み込んでいる」を感じました。
>
> 立場なしの共鳴では、「最高のよろこびそのものである」を感じました。

今回も自己(在る、愛、全体、自然、幸せそのもの)理解をさらに深め、さらに確かなものにするような素晴らしい共鳴でしたね。
>
>
>
> 日常では、
>
> 強めの反応が起こっているような場面でも、より深く在れている、という実感があります。
>
> また、無意識のうちに認めていなかった事実に気づいたりしました。
>
> 自己をより深く、より正しく知っていっている、という実感です。
>
> そして、それは、大きなよろこびです。

それは、存在にとって本当に大きなよろこびですね。

深さ、正しさ等の更新により、よろこびも無限に増していきます。

そして、それが現れの世界全体にも浸透していきます。
>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する