悩み解消、悩み体質改善の体験談。気づいたら変わっていた。

ここでは、「悩み解消、悩み体質改善の体験談。気づいたら変わっていた。」 に関する記事を紹介しています。
ラベンダー

こちらは、無空庵第一ブログに載せていたMさんの体験談(2010年3月31日掲載)を移設したものです。

(無空庵第一ブログにあるこれまで皆さんから頂いたセッションの感想のうち、主に新しい方のものをひとつかふたつ、こちらのブログに移設させて頂いております。)

それ以前のものは、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ・■セッション体験談・他のMさんの体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)


**********

今回は、整体を受けに通われていて、その中でゼロ共鳴(無限の愛と空の意識との共鳴)が起こっていった方の体験談をご紹介いたします。

(意識の共鳴は、共に在るだけでも起きてきます。ものごとのとらえ方などのお話もしていきましたが、
共鳴している中でお話しすることで、深い変容が起こって行きます。)

先生の施術を受けはじめて、1年2ヶ月が過ぎた昨年12月のとある日ことです。
私にふとある問いが浮かんできたのです。

その問いとは、
今、私は悩んでいるだろうか?
というものでした。

なぜ、このような問いが出てきたのか、自分でもとても不思議でなりませんでしたが、その答えは、ノーです。

今、私は悩みがない。
悩んでいないとハッキリと気がつきました。

どうしてだろう?
なぜ、悩んでいないのだろう?と自問して、気づいたのは、1年2ヶ月前とは、ものごとの見方、考え方、捉え方が、少しずつ変わってきたことだと。

自分自身では、特に何か努力をしたわけでもなく、頑張ったわけでもなく、ただただ先生の施術を受けに通い、悩みを聞いて頂いたり、雑談をしたりといったことで、自分自身が本当に変化していることに確信を持ちました。

その確信と同時に、うれしさと自信も得ました。
小さい時から、何か一つ出来事があると、ずーっとずーっとひきずって考えては、それを悩みにしてきました。
ほんのささいな出来事さえも悩みにしてきたのに、それが、いつしか自然とひきずりにくくなり、早く手放せたり、自分が今までよくなりたい、変わりたいと思い、願いながらも、変われずにいたのに、少しずつ少しずつ、着実に変化している今の自分自身が夢のようです。

先生の導きがあってこそです。
私は、先生の導きをたよりに、更に内面の向上を目指します。

今まで、沢山の悩みをかかえていたのに、ものごとのとらえ方が少し変わっただけで、大分、人生や、対人関係が楽になってきました。
40代も後半で、自分の人生の主人公をやっと自分自身で生きて行けそうです。

悩みだと思っていたことが、実は悩みではなかったのですね。
とらえ方、一つですね。

無空:
小さい頃からの思い癖、思考習慣というものは、自分で分っていてもなかなか変えることができません。

悩み癖や思考習慣、その他、あらゆる問題は、個人・マインドの中にあります。
それを本などを読んだり、セミナーなどに出て話を聞いたり、色々な方法を学んでも、個人レベル、マインドレベルでなんとかしようとしている限りなかなか思うようにいきません。

その変容を可能にするのが、個人を超えたところにあるゼロ(空・無限の愛)の意識との共鳴です。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する