人生や心などの学びに対して「物足りない」というような感覚がなくなりました。

ここでは、「人生や心などの学びに対して「物足りない」というような感覚がなくなりました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているS.Nさんから頂いたメールと無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

S.Nさま

感想ありがとうございました。

> > 無空 様
> >
> > 本日は2回目のセッションをありがとうございました。
> >
> > 今回は前回よりも深さを感じるものでした。

はい、共鳴度が増していましたね。
> >
> > より「在る」を深めていきたいと思います。

はい、それは「変わらない」という本質部分と、
無限に深まっていくという自然本性の部分があります。
> >
> > 1沈黙
> > 周りの景色が明るい電気が付いているような感じに見えました。
> > 白くぼやけて見えました。

在る度が高いときに、そのように見えることがあります。
白光、白い光などと言われることもありますね。

ただ、セッションでもお話しさせて頂きましたが、
それも現象部分でもありますので、とらわれずに
それに気づいている自分自身、
意識、
主体、
純粋な主観性そのもの、
在るに注意を向けて在りましょう。
在るそのもので在りましょう。
> >
> > 2アイコンタクト
> > 最初は座っている下の方のみに空間を感じ、
> > そのうちに自分の外側に空間を感じ、
> > 体までが空間の一部となって、
> > その中に「ある」が存在しているような感覚になりました。

在るのひとつの在り方ですね。
在るは無限の在り方で在ります。
> >
> > 3瞑想
> > 眠りに入るまたは夢に入る一歩手前の状態にいて、
> > その場所で空間のなかに「ある」が存在しているような感覚になりました。
> > 目を開けた時に、
> > 2アイコンタクトの時よりも空間がより大きく感じました。

はい、在るの大きさは無限です。
> >
> > 4ハートの共鳴
> > 「ある」に意識することに対して力が入っている自分に気付きました。
> > それに気付いてリラックスしてあげると、
> > 部屋の中にいるのに、まるで自然の中にいるような広さと爽やかさを感じました。

とてもよい感じですね。
> >
> >
> > 全体として前回よりも瞑想が深くなったのを感じ、
> > とても嬉しく思っています。

はい、とてもスムーズに深まっていますね。
> >
> > またセッションを受けることによって
> > 人生や心などの学びに対して「物足りない」というような感覚がなくなりました。

在るは満ちているそのものでもあります。
そして、その本質の共鳴により、マインドにも変容が起こっていますね。

> > 「ある」の状態をコアにして、
> > 現実社会を生きるために必要なものをくっつけていく、
> > という生き方が自分にとってはしっくりくるものなのだと思いました。
> > 今まで逆だったのだなと改めて感じました。

はい、主たるもの、土台となるものがどちらであるかで、
それは全く違ったものになります。

変わらない本質、すべての現れの源が土台、コアになるか、
変化し不安定な現れを土台、コアにしようとするか、

そこから見えるもの、そこでの感じられ方等はまったく違ったものになります。

まず変わらない土台、コアに確立し、現れが自然に統合されていくという流れが
よろしいですね。
> >
> > 次回も楽しみにしております。
> > ありがとうございました。
> >
> > S.N

ありがとうございます。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する