セッションの愛の一刺し その影響の大きさ、恩寵、恩恵を再認識しました。

ここでは、「セッションの愛の一刺し その影響の大きさ、恩寵、恩恵を再認識しました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているA.Tさんから頂いた感想と無空の返信を、
参考までにご紹介させて頂きます。

(2回分を一度にお送りいただきましたので、その2回目分をご紹介させて頂きます。)

A.Tさま
>
> 今回190回の感想です。
>
> 始めの共鳴では、存在すべてのクリーニングを感じました。

必要なことが起こっていましたね。
>
> アイコンタクトでは、どう表現していいかわからない感覚でしたが
> 瞑想で、この2週に一度たった30分ともいえるセッションの愛の一刺し
> その影響の大きさ、恩寵、恩恵を再認識しました。

真のところを感じる力、また、理解があるからこそ可能なこととも言えますね。
>
> ハートの共鳴は忘れました。
>
> “立場を代えて”では、ひとつでありながら“立場が代わる”その愛 を
> 感じました。

在るの無限の在り方ですね。
>
> “立場なし”では、 ニュートラル でした。

そのまま、そして、それそのものですね。
>
>
> 現れていないところでの 大きな変容 深まりを感じています。

精妙で大きなところを感じ取られていますね。
>
> 次回もよろしくお願いいたします。

こちらこそよろしくお願い致します。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する