自分の痛みを感じるごとに何か、理解の幅も広くなるようにも思いました。

ここでは、「自分の痛みを感じるごとに何か、理解の幅も広くなるようにも思いました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているまるこさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

まるこさま

感想ありがとうございました。

> > こんにちは
> > 先ほどは、ありがとうございました。
> >
> > 偶然、感覚した
> > 奥深い、感じられなかった感覚、記憶
> > 深い、自己の痛み、傷のお話をしました。
> > 随分クリアーになったと思ったのですが、最近
> > 奥底に大きな種みたいなものがあり
> > 根深いものを感じていました。

随分クリアーになったからこそ、
種のような根深いものを感じられるようになったとも言えますね。
> >
> > 在るとその自己のマインドというのでしょうか
> > 大きな隔たりがあります。
> >
> > それがあるがままといえば
> > そうなのかなとも思いました。
> >
> > その感覚をありのままにと思い
> > 共鳴致しました。

その姿勢、在り方はいいですね。
> >
> > 不思議なことに
> >
> >
> > 今回は、今までで一番心地よく
> > 宇宙のミスト、パワースポットにでも
> > 入ったようで、途中意識も飛んでしまったように
> > 思いました。
> >
> > 自分の痛みを感じるごとに
> > 何か、理解の幅も広くなるようにも
> > 思いました。

今回の体験と、またそこから思われたことは、

在るの在り方、

在る(自己)がそれ自身の現れ(または、それ自身である現れ)を通し、
無限である自らを知り、
その本質においては、不変不動でありながら、
実質、実際的なレベル、そして、その認識、理解において、
また、ただひとつであるものとして唯一の真実とも言える
それ自身である純粋な主観性そのものの中で、
無限に拡大し、無限に深まって行っているものである、
ということの理解の助けになるのではないかと思います。
> >
> > まるこ。

ありがとうございました。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する