無料体験セッションで純粋な意識(気づき)に気づく。2回目の後は、空に圧倒される。

ここでは、「無料体験セッションで純粋な意識(気づき)に気づく。2回目の後は、空に圧倒される。」 に関する記事を紹介しています。
こちらは、無空庵第一ブログに掲載させて頂いていたA.Yさんの体験談を移設したものです。

その他のA.Yさんのセッションン体験談に関しましては、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ・■セッション体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

なお、現在は、無料での体験セッションは行っておりません。

***********

今回は、先週、無料体験セッションを受けられた奈良県のA.Yさんの体験談をご紹介させて頂きます。

(無空庵第一ブログ2010年6月19日掲載分)

無空さん、今日はありがとうございました。


2回のセッションを受けた体験談です。(無料体験セッションと第1回目セッション)


僕は、ラマナ・マハルシに強い影響を受け、空の悟りをテーマにしています。

無料体験セッションを受ける前、いくつかの疑問点を無空さんにメールでお聞きしました。

一番問題だったのは、無空さんが本当に悟った人なのかどうか?でした。

丁寧に返ってきたメールを読んで、これまで学んできた覚者方(ラマナ、プンジャジ、マハラジ、身近に知る日本人の覚者など)のお話とほぼ一致していたので、おそらく間違いない方だろうと思い、セッションを受けることにしました。

セッション前に、僕のこれまでの学びやセッションを受ける目的をメールしましたので、セッションの前半はその内容の詳しい説明と確認をしました。


そして、いよいよゼロ共鳴に入ります。

初めは、意識やからだに変化を感じたものの、はっきりと分かりませんでした。

無空さんに「今、気づいてますよね」と言われ、当たり前ですが、自分の部屋にあるものや自分の体に気が付いていることを発見し、理解しました。


次に、「気付きそのものを意識できますか?」と話され、すぐには分からなかったのですが、何かが自分の後ろにあることに気付きました。

無空さんが言うには、これが本当の自分だ、と。

しかし、僕にはピンときませんでした。

「何者でもない」という感じですね、と、僕は答えました。

「そうです。それです。その表現でいいですよ。自分という言い方は相対的ですからね」と、無空さん。

この何者でもないものが、僕が探していた「空」「真我」である、と。

「へー、これですか・・・・・・」まだ半信半疑な僕。

しかし、この何者でもないものは、静寂でした。顔(キャラクター)がなくて、動かざるものでした。

そして、フツーで、なんの変哲もないものでした。

覚者方のお話と、たしかに一致します。

さらにゼロ共鳴をすすめていきます。

後ろにあったものが、どこかへ消えてしまいました。

そして、体全体にあるような感じになりました。

「今、気付きは広がってますね」と無空さん。

たしかに、気付きが焦点を失って、体に広がったようでした。

「この人は、僕の状態が手に取るように分かるんやな。なにげに、すごい人やな」と思いました。

この気付きを意識すると、力が抜けてリラックスする感じがしました。

・・・・・・・というか、ゼロ共鳴の中では、自然に力が抜けていきました。

「気づきの場所は変わっていくので、あまり意識しないでいいですよ」とのことでした。



そして、セッション終了。



翌日は、セッションの余韻が残り、仕事中もリラックス感が常にありました。

仕事帰りの電車の中では、そばの人に気付きを向けると、愛おしい感じが沸いてきました。

思わず抱きしめたくなるような。実際にはしませんでしたが(笑)

まわりの景色や自分の足などに気付きを向けると、すっきりした感じで思考があまり沸いてきません。



しかし、日がたつにつれて、その感覚は急速にしぼんでしまいます。

ただ、気付きを知ることができましたので、その感覚を思い出すと、自然にリラックスしてきます。

「何者でもない」という言葉も、思いだすための良いきっかけになりました。

1回だけつぶやく程度がいいです。何回も言うと、かえってダメになります。




しかし、次のセッションまでの1週間の長いこと!

どんどん感覚が薄れて、思考に占領されてつらくなるので、週2回セッションでお願いしようと思いました。




さて、待望の2回目のセッション。

前のセッションから何度かメールをやり取りし、さらに学びを深めたうえでのセッションでした。

最初に、新たな疑問点を質問して無事解決。

そして、ニサルガダッタ・マハラジが「私は何も知らない」と言ってたが、これはどういうことか?と質問したら、実際にゼロ共鳴して体験してみることに。

共鳴が始まると、すぐに胸を中心とした胴体のあたりが空洞になってすっきりした感覚になりました。

「ここはどうですか?」と無空さん。

この空洞は、たしかに何も知らないし何も考えられないし、なにもないからっぽでした。



「そういうことです」と無空さん。

う~ん、そうなのか・・・・・・。でも、僕はまだ頭の中にいるぞ!

「このからっぽが100%になるんですね?」と聞くと、「そうです」とのお話。

この空洞が100%になれば、どんなにいいだろうなあ!と思いました。

さらにゼロ共鳴をすすめると、この空洞のすっきり感が頭のほうにまで、来ました。

爽やかで軽い感じ。

そして、体全体があつくなって、充実した感じになりました。

力がみなぎり、エネルギーに満ちた感じ。

「ここからすべてが創造されるからです。」と無空さん。

その後、頭に重たいものを感じてからすっきりし、浄化されているようでした。

一瞬、何かと色々こだわる僕のキャラクターが、消えていく感じもしました。

胸にもしこりのような障害物を感じましたが、こちらはすっきりとまでは行かず、セッション終了。

言い忘れましたが、ゼロ共鳴しているときは、ただ無空さんの目を見て、何も考えずにボーッとして、無空さんにおまかせしています。

2回目のときは、しばらくの間、少し恐怖心のようなものが沸いていました。しだいになくなりましたが。

でも、変な言い方ですが、悪い感じではないんです。おまかせしている心地よさがある、と言えばいいのか?
これは表現のしようがないです(笑)



さて、セッション終了後は、1時間ほど横になっていました。

あまりにエネルギーが強すぎて、動く気分になれなかったんです。

しばらく休んで落ち着き、買い物しに外へ出ましたが、頭の中はボーッとしていました。



そばを車が通り過ぎても、何の恐怖心も沸きません。

ほとんど何も気にならないんです。

家に帰り、ご飯を食べ、こうして体験談を打ち込んでいますが、今も思考は生じず、静寂です。

ごちゃごちゃと考える感じがないんです。

初回セッションのあとは、「気付きを意識する」という感じでしたが、2回目の今は、気付きを意識する気にもなれません。

もうそんな状況ではないんです!(笑)

なにもできないんです!(笑)

エネルギーをたっぷり浴びて、もう何もなしに思考が生じないんですから、それでいいじゃないですか!(笑)

明日やあさってのことは知りませんよ。(笑)




2回目のセッションは、僕が思ってた以上に大きな力を受けました。

こんだけすごいなら、週1回でもいいか、と思いましたが(笑)、でも定着するまでは2回にしよう!



そして、やはり大事なことは、こういう色んな体験が起こるけど、執着しないことですな。



「あらゆる体験を超える」とか「体験している者がいない」とかが、やはり僕の目的ですからね!




では、これで2回のセッションの体験談を終わります。



ありがとうございました。



A.Y

追記分:

2回目のセッションで、大事な体験を忘れていたので追記します。

ゼロ共鳴をしばらく続けていると、腹を中心とした胴体のあたりに充実した感じが広がりました。

それは同時に、真っ白な感じでした。

するとか成るとかでなく、在る、という感じ。

存在、という感じ。

不動、という感じ。

それが座っている体とだぶって感じられたので、それを無空さんに言うと、

「体をいろいろ動かしてみましょう」ということに。

体を前後左右に動かしたり、背伸びをしたりしましたが、「それ」は不動のままでした。



僕は「面白いですねぇー」という感想を連発(笑)

体を動かしても、「それ」は動かず、思考は止まった感じでした。

・・・・・・以上です。



A.Y

無空:セッション中は、共鳴の中、かなり強いエネルギーを受けても、また、大きな浄化やエゴの恐れが出てきたとしても、空(大いなる愛)に守られた状態で、自然に、静かに、穏やかに、軽やかに、何事もなかったかのように進んでいきます。(もちろん、セッション中にいろいろ気づきがあったり、体験があったりもありますが、空自体は、何が起きても驚きませんので、自然に穏やかに進んでいきます。)

そして、セッションが終わった後、その自然なセッションの中で、どれだけのことが起こっていたのか(気づきの促し、浄化、マインドの変容等)、ということが分ります。(必ず、毎回劇的に変わるわけではないですが)。

A.Yさんの場合は、悟りに対する意識が初めからかなり高く、無料体験セッション前でも、いろいろご質問を頂いたり、セッション後もメールをやりとりし、皆さんの参考になるところもあると思いますので、後日また、ご紹介させて頂きたいと思っています。

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する