在るは不動で力強かったです。

ここでは、「在るは不動で力強かったです。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているO.Kさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

O.Kさま

感想ありがとうございました。

> > 無空さま

> > O.Kです

> > セッションありがとうございました。
> > 感想を書きました。

> > 最初の共鳴
> > 恐怖が起こってきました。
> > 安全の中で恐怖の感情を感じれることができて
> > 恐怖の感情を解放できました。

はい、安心安全そのものでもある在るの共鳴、ゼロ意識共鳴中は、
そのように在ることができます。

> > アイコンタクト
> > 瞑想の共鳴
> > 緊張していながらも
> > ひろがりを感じました。

本質はひろがりそのものでもあります。
それは、緊張等様々に変化していく状態にかかわらず、
(その状態そのものとして在り方もあります。)
すべての状態が起こっていく源、
すべての状態を支える源、
すべての状態が溶けて帰っていく源、土台として
在り続けます。

> > ハートの共鳴
> > ひろがりを感じて
> > マインドはそのひろがりを身体に
> > 戻そうとするのですが、
> > 戻りませんでした(笑)

はい、それはマインドを超えています。
マインドにかかわらず、起こることは起こります。

> > ハートの共鳴の体験は
> > マインドには何の力もないのに
> > コントロールしようとばかりしているんですね。
> > 在るは不動で力強かったです。
> > マインドのいうことを真に受けて、
> > 同一化して、出来事を問題視している
> > 私には大きな気づきでした。

実感、実体験として理解を深めていくことが大事ですね。
それが理解が身に付く、理解を体現できるようになっていくということにつながっていきます。

> > 無空さんの解説も理解が深まりました。

> > ありがとうございました。

> > O.k

ありがとうございました。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する