どのようなふるまいをしていようが、その人のハートの奥にある何かしか感じ取れなくなってきているようです。

ここでは、「どのようなふるまいをしていようが、その人のハートの奥にある何かしか感じ取れなくなってきているようです。」 に関する記事を紹介しています。
こちらは、無空庵第一ブログに載せていたHIKOさんの体験談(2012年4月22日掲載)を移設したものです。

(無空庵第一ブログにあるこれまで皆さんから頂いたセッションの感想のうち、主に新しい方のものからひとつかふたつ、こちらのブログに移設させて頂いております。

それ以前のものは、無空庵第一ブログの左サイドバー「カテゴリ・■セッション体験談・他のHIKOさんの体験談・他のところにありますので、ご参考になさってください。)

第一ブログ案内1-2

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

************


今回はセッションを受けられているHIKOさんから頂いたシェアメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

HIKOさん

シェアメールありがとうございます。

> 無空さん
>
>
> いつもありがとうございます。
> 日々感じていることをシェアさせていただきます。
>
>
> このところ、「ただ在る」こと以上に、
> 浄化が起きることはないなぁと感じています。

ただ在ること、ただ気づいていること(気づきで在ること)は、究極の浄化法です。
それは、もっともシンプルで、もっとも自然で、もっともトータルで、もっともパワフルです。
>
>
> ただ在る。それだけで、マインドの根っこが
> 落ちていっていることを実感するとともに、
> エネルギー的にも不必要なものが
> 浄化されていることに気づいています。

マインドの根っこ、ヴァーサナーと言われる潜在的傾向も、
ただ在ること、ただ気づいていることで、落ちていくということですね。
これ(ヴァーサナーを落とすこと)は、真我実現を目指した多くの先人達の
大きな課題でもあったところだと思います。

ただ在ること、ただ在り続けることで、「する」へとひっぱる傾向は弱まり、
クリアされていきます。

> マインドの根っこが落ちることで、
> マインドの部屋へ閉じ込めさせようと働く
> 引力みたいなものが、今、
> ほとんど働いていないことにも気づいています。

素晴らしいですね。
これは、現在、ただ在ること、ただ気づいていることを実践している多くの方々、
そして、真我実現を目指す多くの方々にとって朗報であり、
また、大きな励ましと勇気づけになりますね。
>
>
> そしてその気づいている存在でただ在ることに、
> 言葉で表せないような平安を感じます。
> それは、不安の対極にある平安ではありません。

それは絶対の平安であり、状況、状態等他からの影響をまったく受けず、
それ自体で自立し、完結していて、けっしてゆらぐことのないものです。
>
>
> また、ここ最近は、人の本質にダイレクトに
> つながる回路がより開かれているように思います。
> 誰かがネガティブな話をしていようが、
> どのようなふるまいをしていようが、
> その人のハートの奥にある何かしか
> 感じ取れなくなってきているようです。

素晴らしいですね。
在るが深まり、また、マインドも浄化されてくると、
焦点は自然に、現れのレベルから源であるハート、本質へと
向けられるようになってきて、その他もろもろのことには引っかからなくなってきます。
そして、そのことが、自然に他の方々の本質(ハート)を活性化していきます。
>
>
> と同時に、ハートの繊細な
> バイブレーションも感じとれています。

かなりクリアで微細になられていますね。
その感じとれるバイブレーションの繊細さは、クリアになればなるほど、
さらに進んでいきます。
それは無限です。
それは共鳴し合い、互いの振動数をさらに繊細なものにし、
さらには、全体の意識の振動数をもより繊細なものへと引き上げていくでしょう。
>
>
> そして、瞑想時には、ノーマインドになることに
> 時間はかかりません。そして、
> それに気づいている主体としてただ在ることが、
> より広がっています。

在るは、ノーマンドそのものです。
在ることに時間は必要ありませんね。
素晴らしいです。

> また次回もよろしくお願いします。

こちらこそよろしくお願いします。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する