穏やかな優しい気持ちで過ごせる時間が少しづつ増えているように感じています。

ここでは、「穏やかな優しい気持ちで過ごせる時間が少しづつ増えているように感じています。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているHiさんから頂いた感想と無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

Hiさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> セッションをありがとうございました。
> 感想をお送り致します。
>
> ①全体共鳴
> ・視界が白っぽくみえる
> ・鳥の鳴き声がかわいく可笑しく感じる
> ・眠い

鳥の鳴き声、かわいかったですね^^
>
> ②アイコンタクト
> ・セッションを受けていることへの『幸せ』を感じた
> ・家の近くを歩く見知らぬ人の声が聞こえてきて、『愛してる』という感情が出 てきた

ハート、愛がさらに素晴らしく開かれてきていますね。>
> ③瞑想
> ・マインドが出てきた
> ・『(特定の何かではなくただ)愛してる』という感情がどこか深いところから 沸々と何度か沸き上がってきた

素晴らしいですね。
そして、美しいですね。

愛そのものから起こってくる純度100%の『愛している』ですね。

> ・今感じている喜びを表現したいという想いが出てきた

この「表現したい」も、喜びそのものから起こってきている感じがします。
純度が高く、ただ表現したいという感じではないでしょうか。
>
> ④ハートの共鳴
> ・視界が白っぽくみえる
> ・眠い

今に在り、個人が退いている状態だと、眠くなってくることがあります。

> ・生んでくれ存在させてくれたことに両親への感謝がふっと沸き上がってきた

今に在るとき、ただ在るとき、存在していることの喜び、幸せの中にあるとき、
あるいは、それそのものであるとき、
(今回は、眠気もあったようなので、自覚、認識はそれほどなかったかもしれませんが。)
自然に、生んでくれたご両親への感謝などが湧き上がってくることがあります。

また、在るは、当たり前であると同時に、奇跡でもあり、在り難い(有難い)でもあり、感謝そのものでもあります。
>
> ➄立場を変えての共鳴
> ・気付き(無空さん)と気付き(私)がただ在るという感覚を感じた

素晴らしいですね。
在るがままの純度の高い気付き、生命、愛、在るが、そこに在るのが感じられます。
>
> ⑥ニュートラルな立場での共鳴
> ・セッションをしている現状や聞こえてくる鳥の声や存在していること全てが面 白く感じた
> ・可笑しくて笑いが込み上げてきた

わたしも全てが面白くて、可笑しくて、同じく笑いが込み上げてきました。
深いところで共鳴が起こっていて、新たな開かれが起こった感じでした。

今回も、全体的に素晴らしく愛が開かれ、また、とても楽しい共鳴でしたね。
>
>
> セッションの回を重ねるにつれて、自分の中の愛が広がる感覚があり、
> またその愛によって、穏やかな優しい気持ちで過ごせる時間が少しづつ増えている> ように感じています。

本当に素晴らしいですね。
>
> 今回のセッションでは、情報によって偏っている自身の思い込みに気付き、
> 別の視点から緩めて観ることができました。

ひとつの言葉やポイントを何度も聞いてると、どうしてもそれが深く入り、見方が偏りがちになることがあります。
そのときどきやタイプなどにより、ひとつのポイントが強調されることが必要な場合はありますが、同時に、見方、在り方、理解などが偏らないよう気を付けることが必要です。
在る(愛、全体、バランス・調和そのもの)に戻ることを知っていれば、自然にバランス作用も働きますので、偏りにも気づきやすくなります。

今回の気づき、そこからの緩まりもとても早く素晴らしかったですね。
緩まることで、よりやわらかく、温かく、大きな視点の愛であることができます。
真の愛の在り方は、強さとやわらかさの両方が在ります。
>
> そして、何より『在る』について、漠然と『修行のように難しいもの』という想 いを抱いて> いたのですが、体(無空さん)と体(私)の間の空間も、何もかも全てが『在 る』である> ということに対して、急に『面白い!』という感情が込み上げてきて、楽しい気 持ちになりました。

『面白い』という感情が込み上げてくる元の辺りのところくらいからの同じ感覚が伝わってきて、あるいは、共鳴により、わたしの中でもそれが同時に起こって、わたしも楽しい気持ちになりました。

> 『在る』を別の側面から感じることができて、認識が広がり有難い体験となりま した。

はい、『在る』には、無限の側面があり、それ自体もとても楽しいですし、認識が広がっていくことにも、よろこび、楽しさ、ありがたさが在ります。

認識が広がることは、味わい、体験する世界が広がることでもあり、同時に、その世界の創造主であり、体験者である自己、そして、自己の在り方もそれだけ大きく拡大したものになります。
>
> 次回も楽しみにしております。
> どうぞ宜しくお願い致します。
>
> Hi

こちらこそよろしくお願い致します。
わたしも楽しみにしています。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する