それはいつも秘めていることに初めて気が付きました。

ここでは、「それはいつも秘めていることに初めて気が付きました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているA.Kさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

A.Kさま

感想ありがとうございました。

> > 無空さま
> >
> > いつもお世話になっております。
> >
> > セッションありがとうございました。
> > 185回分感想です。
> >
> >
> > ■185回感想
> >
> >
> >
> > 最初の共鳴では、
> >
> > 今まで隠されていた(見えていなかった・気づいていなかった)
> > 在る の構造の一部
> >
> > その見えなかった一部を隠していた壁のようなものがゴゾゴゾと音をたて崩れ、
> >
> > 見えていなかった構造が観え、同時に即理解がありました。
> >
> > たくさんの難題が一気に解けたような.....

素晴らしい直知、直覚が起こりましたね。
> >
> >
> >
> > 今までの自らを一気に超え、更新します。
> >
> > それはいつも予期せぬときに起こり、浸透し、何もなかったかのように
> > 普通に戻ります。
> >
> > その全てが自らであることを知っていますし
> >
> > その全てが、無限の歓びです。

自己理解が素晴らしいですね。
> >
> >
> >
> >
> >
> >
> > アイコンタクト
> >
> > 全てに気付いている 意識体でした。
> >
> >
> > ハートの共鳴
> >
> >
> > 秘める 秘めている
> >
> > それはいつも秘めていることに
> > 初めて気が付きました。
> >
> > まさに神秘なのだと思いました。
> >
> >
> > そして、今までの自分の在り方に
> > 違和感を覚えました。
> >
> >
> > 秘める ことの大切さを知った気がしました。

はい、それは開かれそのものでもありながら、

未知そのもの、無限の可能性そのもの、

また、とても大切なもの、

普通、自然、当たり前そのものでもありながら、

それ自体が尊厳そのものでもあり、とても崇高で、

(ある意味、けっして触れることのできない)神聖なものでもあります。

それそのものは、すべての存在に開かれて在りますが、

その秘められた真のところは、準備ができた存在に

その準備ができた分だけ開かれます。

その秘められた大切さを真に知るものは、

誰彼かまわずむやみやたらにそれを伝えようとはしません。

そして、その真のところは伝えようとして伝わるようなものではありません。

ただ準備ができた存在に、その準備ができたタイミングで自然に開かれるものです。

無空庵でできるのは、(ただ共に在ることで)その準備のお手伝い、とも言えるかもしれませんね。

(自然に開かれるとも言えますし、準備ができれば、それが自然に伝わっていく、伝授されるとも言えます。

ただひとつであるものである在るにおいては、それは同じことです。

そこには、誰もいません。

ただ開かれが起こる、

ただ伝授が起こる、

それがそれ自身に開かれる。

それがそれ自身に伝授される。)
> >
> >
> > 瞑想では、
> >
> > マインドの成熟を強く願う、強い思いが
> > 沸き起こりました。
> >
> > これは、実はいつもいつも奥底で思い続けている
> > ことです。

その深い思いがそれを促していくでしょう。
> >
> >
> > 立場え変えて
> >
> > 秘めた 秘めている質を感じていました。
> >
> >
> > ニュートラルでも
> >
> > 大切に大切に思う想いが 秘めているのだなぁ
> >
> > 神秘なんだなぁ    と......

素晴らしい理解、気づきですね。
> >
> >
> >
> >
> >
> > 感想を書きながら
> > 新たな気づき、理解が起きたりしていました。

そのようですね。
その感じが伝わってきます。
> >
> >
> > いつもいつも、ありがとうございます。
> >
> >
> > A.K

ありがとうございます。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する