浮かび上がる私の思考と周りの雑音(人の話声やドアを締める音など)が同じもののように感じられる状態がありました。

ここでは、「浮かび上がる私の思考と周りの雑音(人の話声やドアを締める音など)が同じもののように感じられる状態がありました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているT.Oさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

T.Oさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> 本日はセッションありがとうございました。
> セッションの感想ですが
> 全体的に前回と同様、静かな状態が時々浮かび上がる思考を見ているという感覚でした。

はい、今回も、在る、主体的な意識がしっかりしていて、よく見えていて、よい感じでしたね。

> その中で今回は少し周りがうるさい環境でしたが、浮かび上がる私の思考と周りの雑音(人の話声やドアを締める音など)が同じもののように感じられる状態がありました。

多くの場合、在る、真我と自我がくっついているというか、ミックスされているという感じとも言えますが、それが、自我から離れ、より純粋な我、
マインドによる観念、知識、価値判断等が入らないより純粋な意識の状態、その立ち位置から、見たり、知ったり、感じたりすることにより、今回のように感じることが可能になります。

また、今回のような体験を実際にすることにより、その直接体験による理解が、
日常にも徐々に浸透していき、内面で感じられる思考や感情、外側の様々な出来事等、現れからより自由になっていきます。

> 自宅でも瞑想を行ったりしますがセッション中はより深く静かで落ち着いた状態になっているような気がします。

はい、共鳴中はよりそのような状態になりますし、セッションを重ねることにより、それがより深まり、より確かなものとなっていきます。

> また次回よろしくお願いします。
>
> T.O

こちらこそよろしくお願い致します。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する