自らの光を感じ、光であったことを認識しました。

ここでは、「自らの光を感じ、光であったことを認識しました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているMonaさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Monaさま

感想ありがとうございました。

> 無空様

> 先日も素晴らしいセッション、ありがとうございました。
> 前回からの流れで、少しずつ自分を許すことができていて、在り方がリラックスしたものになっています。
> そして、今回のセッションでひとつの段階が終わったことを感じ、より深くリラックスできています。

よい感じですね。

> では、感想をお伝えします。

> 最初の共鳴
> やわらかく漂うようなゆったりとしたエネルギーを感じると、体全体がリラックスすることを感じました。
> 真のリラックスとはこういうものなんだということを感じました。
> 後半は深くリラックスすることで、ハートの奥の方にかたくなったエネルギーがあることに気づき、自分をケアしていくことの大切さを感じました。

> アイコンタクト
> 始まるとすぐに、愛されていることを感じました。
> そして、愛されることを許していない自分に気づき、自らを許してあげたいと思いました。

とても大切なところですね。


> 瞑想
> 自分であっていいという思いが起こり、自分であることを許しました。
> するとそれに反発するエネルギーも感じましたが、それも含めてすべてが自分だと認めると、ハートと喉の詰まりを感じました。
> それはとても奥深いところにあったもので、今日のセッションの流れを通して認識することができ、ありがたく感じました。

認識することで変容が起こっていきます。

> ハートの共鳴
> 手放す時期に来たことを感じると、ありがとうという言葉が起こりました。
> そして、自らの光が輝き出すことを感じました。

> 立場をかえて
> ありがとうのエネルギーが広がることを感じると同時に、そびえ立つような感覚がし、尊厳という言葉が起こりました。
> 後半は自らの光を感じ、光であったことを認識しました。

自己認識、自己理解はとても大切ですね。
真のそれは、自己への愛であり、自ら(すべてのすべて)を助けます。

> 立場なし
> 太陽のように力強い光が内側から放たれていることを感じました。
> 一致した感覚があり、自分を信じるということを学びました。

素晴らしい学びが起こりましたね。

> 次回もよろしくお願いいたします。

> Mona

こちらこそよろしくお願い致します。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する