圧倒的に濃い密度のクリアな感覚でした。

ここでは、「圧倒的に濃い密度のクリアな感覚でした。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているfeelさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

feelさま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
>
> いつもありがとうございます。
> 今回も素晴らしいセッションをありがとうございました。
> セッションの感想を送らせて頂きます。
>
> 共鳴
>
> 意識、その次のアイコンタクトでは、圧倒的に濃い密度のクリアな感覚でした。
> 無空さんはいつもこんな感度の中にいらっしゃるのでしょうか?

意識は、自然に本質そのものの方の自覚になったり、現れの方に向いたりします。
そのときどきで、焦点が当たっているところが違い、本質の自覚状態のときは、
濃い密度、現れの方に焦点が当たっているときは(それもそのときどきで、どのくらい焦点が当たっているか、絞られているか、あるいは、特に焦点がなく、現れも含めた形で、全体に広がっている、全体として在るか等により、違いますが)、密度は薄目です(全体そのものとしての自覚状態が強いときは、濃い目です。)。

また、それぞれが一人で、在るを自覚するより、より濃い密度のクリアな感覚、感度を実現できるのが、在るの共鳴、ゼロ意識共鳴です。

(そこから、認識、実感、理解の深まり、広がり等が可能になります。)

そして、一度、その感覚、感度が開かれることにより、一人での自覚の際にも、より感度の高まった認識が可能になっていきます。

また、在るの場から共鳴は、全体の感度、集合的な感覚、感度を上げていく、開いていくことにも貢献しています。
>
>
> 瞑想、そしてハートでは、振動の心地よさ、喜びでした。
>
>
> 立場をかえて、ニュートラルでは、とにかく心地良さに、身を委ねている状態で
> した。

今回も、自然体で、本質のところをとてもよく感じ取られ、また、存在全体としても、素晴らしい在り方でしたね。
>
> 仕事中でも ようやくこの感覚でできるようになりました。
それは、本当に素晴らしいことですね。

今そうであるように、共鳴セッションの継続、日々の実践の継続により、日常、そして、お仕事の中でも、それが実現されるようになっていきます。
>
>
> とても貴重で、大切なお時間をありがとうございました。次回も宜しくお願い致 します。
 >                            feel

こちらこそよろしくお願い致します。
ありがとうございました。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する