考え事が出てくるのも浄化や解放になっているところもあるのだと慌てないようにしています。

ここでは、「考え事が出てくるのも浄化や解放になっているところもあるのだと慌てないようにしています。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているもなかさんから頂いた感想と
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

もなかさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん、
>
> こんにちは。
> 本日もセッションをありがとうございました。
> また遅くなりましたが感想を送らせていただきます。(いつも申し訳ありません…)
> まず、前々回分です。
>
> 最初の共鳴は自分が浮いているようなどこにいるかわからない、でもどこにもいるような感覚でした。

本質としての在るの在り方でもありますね。

> アイコンタクトでは無空さんの視線を強く受けていました。
アイコンタクトも、基本は在るで在る、真の自己である在るに注意を向けるという在り方で行いますが、前々回は、必要によりそれが自然に起こっていたという感じかもしれませんね。

> 瞑想ではまたいつものように横隔膜あたりの不快感が現れてきて、ハートの共鳴では一点に凝縮してくる硬いエネルギーで苦しさがありました。

クリア、あるいは、溶かされていく必要があるものに焦点(意識の光、愛)が当たっていたという感じですね。

> 立場をかえて、立場なしでは苦しさに入り込まないようにしているところがあり、軽さを感じられる部分もでてきたようでした。

起こってきた感情や感覚に必要なだけ自然に焦点が当たり、それが感じられる、あるいは、普段から感情(特に不快な感情等)をあまり感じないようにくせがついている方などは、それを意識的に感じるということは大事ですが、必要以上にそこに入り込み、それをより大きなものにしたり、そこから物語を展開していったり、不必要な(必要以上の)分析など思考に入り込む必要はありません(それにより、主体的な意識をしっかり持ったまま、意識的に必要なだけ感情、感覚をしっかり感じるということからもそれていってしまいます。)

そこにあるもの、起こっているものはそのままに、今回のように、それに必要以上にひっぱられず、本質的な方、中心、あるいは、全体的な立ち位置に在れるということは、そこに在る力がついてきた証拠とも言えますね。
>
> 振り返ってみて、セッションでは力が入りすぎているところがあるのかなと思いました。> 在るということが、今の自分にはまだ集中も必要に感じていて、そのために在ろうとすることに力を入れて集中し意識を保とうとしているようです。在ることとすることの接点のようなものを探しているようなところもあります。

在ることがより自然になっていくまでは、意識的実践を繰り返しながら、その中で、今回のように力の入りすぎなどに気づきながら、より実践は洗練されていきます。
>
> 日常では考え事をまた長いことしているなぁ、と考えることがたびたびあります。でもそのまま流しています。以前は気付くとハッとしていましたが、考え事が出てくるのも浄化や解放になっているところもあるのだと慌てないようにしています。

とてもよい感じですね。
そのような在り方により、全体はよりスムーズに流れていくようになります。

(考え事も、習慣、くせ、パターンになって起こっているものもあれば、自分のものではないものが流れ込んで来るている場合や、瞑想中などの雑念もそうですし、睡眠中の夢などもそうですが、記憶の整理や浄化としてそれらが起こっている場合も多いです。
そして、その記憶の整理や浄化を起こす働きは、睡眠中だけでなく、起きている間も、機能しています。
人の体(肉体以外の精妙な体も含む)は、入ってきたものや内側にあるものを代謝し、不要なものは排出するというように出来ています。
その視点から見れば、日常で様々な雑念や考え事が起こっているということは
とても自然なことでもあり、ある意味、健康なこととも言えます。
━考え事ばかりが続いたり、そこから抜け出れなくなったり、それに囚われるようになると、整理しようとしているもの、あるいは、排出しようとしているものがうまく排出しきれていない状態にあるという見方ができます━
そして、本質、源と、そこから起こる現象、現れについての理解が広がり、深まってくると、余分な考え事もより少なくなってきて、より穏やかに在れるようになってきます。)

どの段階でも、気づいたら、その時は考え事から抜け出ていますので、それ以上、それ以前の考え事をしていたことに関して、判断したり、考える必要はありません。
数秒考え事をしていた後の在る(今)も、数十分考え事をしていた後の在る(今)も、まったく同じ在る(今)です。

考え事という現象はただ起こり、ただ消えて行ったり、ただ通り過ぎていきます。

今のような態度、在り方でいられるといいですね。


>
> 本日分の感想は、また改めてお送りいたしますので、宜しくお願いいたします。
> ありがとうございました。
>
> もなか

ありがとうございました。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する