不立文字  伝えるものなき「それ」そのもの

ここでは、「不立文字  伝えるものなき「それ」そのもの」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられている青さんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

青さん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> 先ほどはセッションをありがとうございました
>
>
> 仏縁に感謝しております
>
>
> 禅とは仏道だそうです

よいご縁ができましたね。
>
>
>
>
> 座禅のことを少しお話しさせていただきましたが
>
>
>
>
>
> まさにアイコンタクトで
>
> 青は半眼で真っすぐに
>
> 禅=自分自身であるそのもの
>
> これだなあと直感しておりました

直知というものですね。
>
>
>
>
>
> 最初の共鳴では
>
> 先にお話ししておりました緊張が
>
> すぐさま
>
> 抜け落ち溶けて
>
> 天井は突き抜け
>
> どこまでも楽が広がっておりました
>
>
> 導入でお話ししていたことというのは
>
> 実に必要なことだったのだなあって感想なんです

必要なプロセスというものがありますね。
>
>
>
>
> 不立文字の「それ」ですねと
>
> 無空さんに感想を話しておりました
>
>
> それは
>
> 伝えるものなき
>
> 「それ」
>
> そのものです

よく感じ取られていますね。
>
>
>
>
>
>
>
> アイコンタクトでは
>
>
> 先日の座禅が再現され
>
> すぐさま
>
> そのときの静寂は
>
> さらに深まっていくのを味わっておりました
>
> その心地よさに
>
> いつも目があけていられなくなってしまう青なのですが
>
>
> 目が
>
> 素晴らしく半眼のままでございました
>
>
> そして
>
> それが禅なのだと直感しておりました
>
>
>
>
> ありがとうございます

よい感じですね。
>
>
>
>
> 瞑想では
>
> 先にお話ししていた
>
> 緊張の正体でしょうか
>
>
> 胸の奥底から
>
> 揺らめいてくるのがわかりました
>
>
>
> ハートの共鳴では
>
>
> 目の前に天国が開かれており
>
> そこにただ
>
> 揺らめいているエネルギーを差し出しているような感じでした
>
>
> 必要なことが起きていると思いました

はい、まさにそうでしたね。
>
>
>
> 立場をかえては
>
> 仏道ですねえ
>
> なぜか
>
> この道を歩んできたという実感とともに
>
> 大勢の仲間が
>
> 向かっているという実感です
>
> そして
>
> 「真実」そのもの
>
>
>
> 青は
>
> 何かひとつ
>
> 納得しておりました

大きな納得が起こっていたかもしれませんね。
>
>
>
> 立場なし・ニュートラルは
>
>
> この仏縁に感謝です
>
>
>
> 超えて
>
> 存在に出会う奇跡は
>
> それを知るもののみに
>
> 現れるのですね
>
>
> 禅の師匠というのは
>
> その弟子がそれを認めることで
>
> 師匠が現れるということだそうですが
>
>
> まさに
>
> 無空さんは
>
> 「在る」そのもの
>
> すごいなああああああって思っておりました


それは、見る者、感じる者、認識する者の力でもあります。

それが見えるよう、
感じ、認識できるよう、
また、それを実現できるようお手伝いさせて頂いているのが
共鳴セッションとも言えますね。
>
>
> そして
>
> 緊張として感じていた
>
> そのエネルギーが解して放たれておりました
>
>
> もっとも深いところでの
>
> 癒しが同時に起きていたのです


在る(本質、愛、全体、真我)における起こりは、
とてもトータルです。

全体、ただひとつであるものは、
そのように在り、それ自身からはそのように起こり、
それ自身は、そのように振る舞います。
>
>
>
>
>
>
> 本日も
>
> 素晴らしいセッションをありがとうごいました
>
>
>
> 生まれ変わっても
>
> どこに生きていようとも
>
> 必ず
>
> 仏にめぐり逢い頂戴いたします
>
>
> 南無大恩教主本師
> 釈迦牟尼仏
>
> 生生世世知遇頂戴
>
>
>
> なぜか
>
> この言葉が響き渡っておりました

そのときどきで、必要なことが起こっていますね。
在る(本質、愛、全体、真我)は、いつも適切です。
>
>
>
>
>
>
> どうも
>
> ありがとうございました
>
>
>
>
> 青

ありがとうございました!。

無空
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する